湯河原温泉 阿しか里 一人旅

今回は湯河原にある阿しか里に行ってきました。読み方は「あしかり」です。

湯河原は東京から1時間40分もあればたどり着く位置にあります。

また、今回訪れた旅館「阿しか里」は、東京方面で放送されているテレビ番組「出没!アド街ック天国」の2008年11月22日放送にて湯河原が取り上げられた際、第1位「名旅館」として、「ふきや」と共に「阿しか里」が紹介されました。

旅費等の情報は東京からの金額となります。季節によって額が異なるものも多々ありますので、あらかじめご了承ください。

今回の紹介は2008年12月平日のものとなります。予約はじゃらん.netを利用しました。クレジットカード払いは不可で、現地で現金払いになります。

adsense

湯河原温泉 阿しか里の総論

まず、宿泊料は高めです。たぶん、年齢が低い方ですと、ちょっと抵抗感のある価格かと思います。

実際に話を聞いてみると、一人旅での利用者は30台以降が多いとのことです。女性も多いですが、男性の一人旅も見受けられるようです。

価格の高さもあるので、抵抗感はあるかと思いますが、その分の品質を保っているように思われます。

部屋自体は歴史があるのか、やや古めに感じます。しかし、単に古ぼけた、というわけではなく、日本の昔を感じられる、そんな古さです。汚いとか、そういったものではないので、ホッとできるかと思われます。

露天風呂の方は、庭の中央辺りに位置しています。湯に癖がないため、硫黄臭が苦手なために温泉が嫌いな人にもお薦めできます。逆に、これは温泉なのか、と思うくらい、普通のお湯のように感じられました。

料理に関しては、夕食、朝食と共に部屋色となります。日本会席料理なのですが、料理のクオリティは高いです。ただ、若い人で、とりわけ男性だと、物足りなくなるかもしれません。ボリュームは十分なのですが、肉をガツガツ食べたいという人は、別注で何かを頼むのもよいと思われます。

応対なども適度で、品のある対応ですので、レベルの高めの旅館と評してもよいでしょう。

東京から近く、交通費もあまりかからないため、新幹線を用いて遠くに行くよりかは、交通費を減らして宿代の高めのところを狙うのも良いでしょう。

一度でも奮発して、こうしたところでゆっくりと一人旅をしてみても、面白いのではないでしょうか。

インターネット接続環境

比較的都心に近いこともあり、イーモバイルでのインターネット接続が可能です。

また、館内にも無料で利用できる無線LANがありますので、部屋によってはその無線を用いてインターネット接続が可能です。

もし無理なようでしたら、図書室に無線LANの本体がありますので、1階入り口近くの図書室まで出かけましょう。

仕事などで利用する場合は、図書室でメールなどの必要なことをすべて済ませてから、部屋でほかの仕事をこなすとよいと思われます。

湯河原温泉 阿しか里の旅行記

今回、湯河原温泉の阿しか里と、その周辺の一人旅の模様を掲載した旅行記を紹介します。一人旅の参考になれば幸いです。

  1. 湯河原温泉 阿しか里 一人旅
  2. 東京駅から湯河原温泉へ、阿しか里に向けて出発
  3. まずは湯河原駅周辺で、名物といわれる坦々やきそばを「湯河原一番亭」で食する
  4. 湯河原駅からバスで旅館の阿しか里へ、その途中の難関とは
  5. 旅館 阿しか里の出迎え
  6. 旅館 阿しか里から不動滝へ
  7. 不動滝から万葉公園へ
  8. 足湯「独歩の湯」で足の疲れを取る
  9. 旅館 阿しか里の夕食
  10. 旅館 阿しか里の朝食
  11. 旅館 阿しか里での支払い、チェックアウト
  12. 旅館 阿しか里の露天風呂
  13. 旅館 阿しか里の室内風呂
  14. 湯河原「味の大西」で昼食
  15. 湯河原駅から東京駅へ戻る
  16. 湯河原温泉 旅館 阿しか里の一人旅にかかった費用
  17. 湯河原温泉 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense