金時山山頂、金時茶屋、金太郎茶屋

いよいよ金時山山頂です。

そこから見える富士山。富士山そのものの雄大さはもちろん、何よりこの天気の良さにほれぼれします。2日前に御殿場プレミアムアウトレットに出かけた時も少し雲で隠れていたのですが、今回は文句の言いようの無い見晴らしです。

金時山の案内版。

金太郎茶屋。

「まさカリーうどん」がお薦めのようです。

トイレ。2010年11月1日から利用できるようになったバイオトイレ。おがくず処理方式です。トイレットペーパーの処理方法はしっかり確認しましょう。有料で100円。

案内板の上には金太郎の像。

祠。賽銭箱もあります。

2つある茶屋のうちのもう一つの茶屋「金時茶屋」。併設されている「金時娘の茶屋」。管理は同じようです。

金時山のモニュメント。高々としています。海抜1213メートル。富士山が撮影に移るような絶好のポジションに立っています。写真撮影用のマサカリも設置されています。手にとって撮影可能です。

多くの人が富士山の方を見ながら休憩や食事をしています。ざっと数えて100人近くがいました。

遠くには駿河湾も見えます。

芦ノ湖。

どこに何があるか書いてあるプレート。

大涌谷。

山頂で富士山を見ながら朝に買ったおにぎりを食べました。また、アーモンドチョコも買っておいたので、それも少し食べます。

出来れば2つあるうちのどちらかの茶屋で食事をしようかと思いましたが、「金時茶屋」の店内に無断撮影禁止の記載があり。写真も楽しみに来ているためにここでは食事が出来ないと断念。

もう片方も検討しましたが何を食べていいか迷って結局食べず。名物のカレーうどんはお腹に響きそうでしたし。

ただ、店の外に持ち出すことも出来たようなので、店内で無ければ撮影できたのかな、と思うとちょっと後悔。

35分ほど金時山山頂で食事と景色を堪能した後に下山開始。

adsense

金時山 登山 一人旅の旅行記

金時山の一人登山です。準備や当日の行動などを中心に紹介しています。

  1. 金時山 登山 一人旅
  2. 金時山登山の準備、服装、荷物
  3. 新宿からバスで金時山神社入口へ
  4. 公時神社
  5. 金時宿り石を経て金時神社分岐へ
  6. 金時山山頂へ到着
  7. 金時山山頂、金時茶屋、金太郎茶屋
  8. 金時山山頂から長尾山へ
  9. 長尾山から乙女峠へ
  10. 乙女峠バス停へ
  11. 御殿場市温泉会館
  12. 新宿駅に帰還、クリスマスイルミネーション
  13. 金時山 登山 一人旅の費用
  14. 箱根 宿・地図
adsense
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加