ゆうなんぎい、沖縄料理の夕食

沖縄での夕食をどこにするか悩んだ末、「ゆうなんぎい」というお店に決めました。ネットである程度場所を絞り、比較的ホテルに近い位置を選んでいます。

オープンして早い時間帯に訪れたこともあり、席に無事着席。

その後、続々と人が訪れ、満席とまではなりませんでしたが、結構早い段階で席が埋まっていきました。オフシーズンでこの状態でしたので、観光シーズンや土日などは早くに行かないと席に座れないかもしれません。

カウンターテーブルもあるため、一人旅でも安心です。

メニューを渡されて選んでいたら、初めてかどうか聞かれ、そうだと答えたら定食がお薦めと教えていただきました。

定食はA定食とB定食があり、B定食の方が安いので、そちらを進めていただいたのですが、ここは沖縄料理を堪能すべくA定食を選択。3150円でした。

定食の内容は「いなむるち」「クーブイリチー」「ミミガー」「ごはん」「お新香」「ラフテー」「ジーマーミドーフ」「フーイリチー」「グルクン」「カラスドーフ」と、意味不明な名前が並んでいます。

わかりやすく説明すると次の通りです。

「いなむるち」みそ汁
「クーブイリチー」昆布料理
「ミミガー」豚肉の耳
「ラフテー」豚肉の煮物
「ジーマーミドーフ」ピーナッツの豆腐
「フーイリチー」麩の炒め物
「グルクン」魚の揚げ物
「カラスドーフ」豆腐の上に小さな魚

料理は一気に運ばれてきます。

「ラフテー」「ジーマーミドーフ」「ミミガー」。暖かいラフテーから食していきます。

「カラスドーフ」「フーイリチー」「クーブイリチー」。昆布は沖縄では採れないのですが、昔、サトウキビなどの貿易の際に関西に出かけ、その帰りに昆布を買って沖縄に持ってきた、ということの名残のようで、今でも沖縄でよく食されている食材になっています。

「いなむるち」とごはんとお新香。

「グルクン」。タカサゴと呼ばれる魚ですが、沖縄ではグルクンと呼ばれています。沖縄県の魚として、沖縄では有名です。から揚げでよく食されます。骨は堅い部分があるので、注意して食べましょう。

結構なボリュームでしたが、すべておいしく食べ終え。

店員は女性がほとんどで、年齢も幅広い年齢の店員がいました。アットホームな感じのお店でもあり、かといって慣れなれしいとか、そういったこともなく、程度の良い接客だったと思います。

このため、一人旅でも利用しやすいお店と言えるでしょう。入るときは抵抗がありますが、定食であればお酒を飲まなくても気になりませんので、居酒屋感覚ではなく、食事処として利用しても良いように思います。

adsense

沖縄 国際通り 一人旅の旅行記

ここからは2014年に沖縄県に訪れた3泊4日の沖縄一人旅の1日目の様子を紹介します。

ホテル滞在と国際通りをぶらりと歩いた程度の旅行記です。

  1. 沖縄 国際通り 一人旅
  2. 羽田空港から沖縄の那覇空港へJALのJクラスで移動、富士山が綺麗
  3. 日本最西端駅のゆいレール那覇空港駅
  4. ホテルロコアナハの部屋
  5. 沖縄那覇の国際通りを歩く、第一牧志公設市場も
  6. ゆうなんぎい、沖縄料理の夕食
  7. ホテルロコアナハ、朝食
  8. 沖縄県庁、沖縄県議会、那覇市役所をチェック
  9. 沖縄 国際通り 一人旅の費用
  10. 沖縄 那覇 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense