琴平花壇の夕食

琴平花壇での夕食です。

プランにもよりますが、今回は夕食会場「メインダイニングけやき」で食事をすることになりました。

席に通されます。窓際の席で外を眺めつつ食事が可能です。とはいえ、前は琴平山ですので、見える景色は限定的ですが。

席にはお品書きも。お品書きがあると、何を食べているかわかるので助かります。

まずは飲み物を選択。いろいろありますが、地ビールの「さぬきビール 空海」を選択。名前が独特ですが、ヴァイツェンといえばビールを知っている人ならわかりやすいでしょう。820円。

空海はお坊さんの名前です。弘法大師とも呼ばれ、真言宗の開祖です。出身が今の香川県とのことなので、その関連での名づけかと思われます。

前菜の讃岐牛カルパッチョ風。

お造りで、鯛、カンパチ、炙り鰆、サザエなど。サザエは肝まで入っていて、すべて食べられます。

オリーブ夢豚角煮のポテトあん掛け。オリーブ夢豚は香川県のブランド豚肉です。

焼き物は讃岐コーチン石焼きです。讃岐地方の鶏肉を焼いていきます。

バターを溶かし、その上に食材を乗せます。

両面焼けたら塩かポン酢で食します。

お酒が尽きたので、この琴平町にある日本酒酒蔵の「金陵 濃醇純米」180mlを注文。1000円。

続いて強肴(しいざかな)。讃岐牛、オリーブ夢豚の味噌鍋です。讃岐うどんも付いています。

この宿は予約時に3つの料理プランから一つを選べたのですが、讃岐うどんがあるプランがあったので、この料理プラン「讃岐三畜(讃岐牛・讃岐コーチン・讃岐夢豚)をちりばめた会席」にしました。

鍋が温まったら、順次食材を入れていきます。野菜は先に、お肉は軽く火を通す程度に。

結構いろいろとやることがあって大変です。 

鍋が煮えてきました。

いろいろと入れて煮えるのを待ちます。

器に盛って食べます。

最後に讃岐うどんを投入して食します。

讃岐うどんも器に盛りました。

続いて油物で、オリーブ夢豚、コーチンの天ぷら。

食事の最後にご飯と香の物。讃岐うどんがあったので、ご飯はまでは大変でしたので、量は減らしてもらいました。讃岐米とのこと。

そして、食後のデザートに和三盆のロールケーキ。和三盆は砂糖の種類です。それとキュウイ。

これですべて完食。

食事時間は1時間30分ほど。

帰り際に他のお客を見ましたが、一人旅らしき人が数客いるなど、一人旅で利用している人も多いようです。

ですので、気軽に一人で利用してみてはどうでしょうか。

夜の旅館の様子。

街並み。

部屋に戻ると布団が敷いてありましたので、後は寝るだけです。

adsense

金刀比羅宮 琴平 香川 一人旅の旅行記

2015年10月中旬の平日に訪れた金刀比羅宮、琴平一人旅の2日目の旅行記です。

  1. 金刀比羅宮 琴平 香川 一人旅
  2. 丸亀駅から琴平駅への行き方
  3. 琴平駅から金刀比羅宮への行き方
  4. 金刀比羅宮の階段
  5. 金刀比羅宮 大門、神椿
  6. 金刀比羅宮 旭社
  7. 金刀比羅宮 本宮
  8. 金刀比羅宮 奥社
  9. 琴平花壇の部屋
  10. 琴平花壇の施設
  11. ことぴら温泉郷 琴平花壇にて
  12. 琴平花壇の夕食
  13. 琴平花壇の朝食
  14. 琴電琴平駅から高松築港駅への行き方
  15. 金刀比羅宮 琴平 香川 一人旅の費用
  16. 琴平 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense