早雲山駅から強羅駅へ、そして御殿場プレミアムアウトレット

早雲山駅に到着しました。

ここからは、箱根登山ケーブルカーに乗って、まずは強羅駅まで向かいます。

早雲山駅から見える周囲の景色。

海の方も見えます。相模湾かと。

駅内に入って運賃表を眺めます。強羅駅まで行き、そこからバスを利用する予定なので、強羅駅まで420円を購入。強羅駅で乗り換えて小田原駅まで箱根登山鉄道で帰ることもできます。

ケーブルカーの本数は1時間に3本程度。

箱根登山ケーブルカー乗り場への改札口。時間が来るまでは開きませんので、周囲で待っていましょう。

ちょっと時間があったので、外に出て、路面バス停の位置を確認。

早雲山駅からは少し離れた位置にありますが、矢印看板もありますので、なんとなくわかると思います。

近くにはハイキングコースへの登山口も。ただ、火山ガスの影響で、通行止めになっています。

そして、早雲山駅の路面バス停を発見。名称は早雲山駅入り口。これがあることを知っていれば、ロープウェイの割高な振替バスを利用しなかったのですが。駅から3分の位置です。

と、後悔しながら駅に引き返し、駅の展示物を見ていると、箱根フリーパスというものがあることを、ここで知りました。箱根海賊船やロープウェイ、ケーブルカーなども利用できて2日間で4000円。これを使っていれば、もっと安くなったのかな、と、追加で後悔。

ケーブルカーがやってきたので、改札を通り、乗り込みます。

人が多く、出発直前では座席も満席で立つ人もいました。外国人観光客の多さが目立ちます。

進行方向の様子。

そして、出発。

10分後に、強羅駅に到着。ここでも人の多さに驚かされます。平日の昼間に、ここまで人が多いとは思ってもいませんでした。

強羅駅の外に出て、今度は御殿場プレミアムアウトレット行きのバス停に行き、バスを待ちます。

線路沿いに進んでいくと、バス停があります。屋根がないのでわかりにくいですが。

御殿場アウトレット行きのバスは本数に限りがあるので、事前に時間の確認が必要です。

傍を通る箱根登山鉄道。

暇なので、周囲を散策。

アニメ「エヴァンゲリオン」のポスター。箱根が舞台とのこと。以前訪れたときにもこの手のポスターが貼ってあったかと思います。

手湯。

トイレは地下を通って反対側に進むと、公衆トイレがあります。

20分ほど待ち、バスが到着。

バスに乗り込み、のんびりと車窓を眺めながらくつろぎます。とはいえ、乗り込む人も多く、狭くて足を投げ出して座れないので、疲れた足には堪えました。

車窓から富士山が見えるあたりは、テンションがあがります。

御殿場プレミアムアウトレットに到着。強羅駅からは990円。

所要時間は1時間ほどでした。

adsense

大涌谷 箱根 一人旅の旅行記

2017年2月上旬の平日に、神奈川県の箱根へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 大涌谷 箱根 一人旅
  2. 箱根海賊船で元箱根港から桃源台港へ移動
  3. 桃源台駅から大涌谷駅へ、ロープウェイを用いた行き方
  4. 大涌谷、立ち入り制限あり
  5. 大涌谷の黒たまごを食す
  6. 箱根ジオミュージアムで箱根を知る
  7. 大涌谷駅から早雲山駅へバスでの移動方法
  8. 早雲山駅から強羅駅へ、そして御殿場プレミアムアウトレット
  9. 御殿場プレミアムアウトレットを堪能し、東京へ帰還
  10. 大涌谷 箱根 一人旅の費用
adsense
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加