勝道上人像を眺めつつ、日光東照宮周辺を後に、歩きとバスで東武日光駅に移動

日光東照宮周辺を一通り見終えたということで、帰路につきます。

凍った道を歩いてい戻ります。

日光東照宮周辺に来る時に降りたバス停の表参道ではなく、勝道上人像前まで歩きます。

道中の柵。

そして、勝道上人像まで到着。行きの際にもここで降りるという手もありました。日光東照宮 御神宝展から7分程度。

勝道上人は勝道(しょうどう)という人のことで、輪王寺の前進となる寺を建てた人物です。700年代の人物のため、いかに古い人物かわかるかと思います。また、そうした時代から日光という場所が注目されていたといえるかもしれません。

勝道上人の前にあるお土産物売り場。手荷物預かりもしているようです。

バス停の勝道上人像前。時間帯にもよりますが、1時間に3本程度です。

運行系統図。

バス停の勝道上人像前から見た輪王寺方面。工事中の囲いがしてあります。

バスを待ち続けるのも良いのですが、寒かったことと、少し歩いてみようということで、東武日光駅方面に向かって歩き始めます。

階段を下りていきます。

そして大通りに到着。

神橋という橋です。朱色が魅力的。

川もきれいで川底が見えます。

大通りを東武日光駅方面に歩きます。

途中にいくつでもバス停があるため、疲れたらバスに乗ろうと考えつつ、歩き続けます。

大通りまで来ると、バスの数も多いため、いつでも乗ることが出来ます。

更に歩きます。途中にあった吉田屋羊羹本舗という羊羹屋に入り、「日光なつかし羊羹」他を購入。帰宅して「日光なつかし羊羹」を食べたところ、寒天で周囲がコーティングされているのか、触感がいい感じでした。気軽に通販しているのであれば、日常食べたいと思った一品。

750円が2品と、1500円が1品で3000円。

このまま歩き続けようかと思いましたが、少々疲れてきたので、日光支所前というバス乗り場でバスを待ち、そして乗車。東武日光までは190円でした。

4分ほどで東武日光駅前まで到着。

周囲を見渡すと青空に山並みが映えます。

後は電車に乗って帰るだけ。東武日光駅へ入ります。

adsense

七重八重 鬼怒川温泉 日光 一人旅の旅行記

初日の鬼怒川温泉への宿泊と、翌日の日光東照宮周辺の世界遺産の観光の一人旅旅行記です。

  1. 七重八重 鬼怒川温泉 日光 一人旅
  2. 浅草駅から鬼怒川温泉駅に「特急スペーシアきぬ」で移動
  3. 日光名物ゆばちらし寿司
  4. 特急スペーシアきぬ、車窓を見ながら鬼怒川温泉駅へ
  5. 鬼怒川温泉駅周辺とRainbowで休憩
  6. 鬼怒川温泉駅から七重八重へ移動
  7. 七重八重の部屋
  8. 七重八重の鬼怒川温泉露天風呂
  9. 七重八重の夕食
  10. 七重八重の朝食
  11. 七重八重から鬼怒川温泉駅へ、鬼怒川ライン下りなど
  12. 鬼怒川温泉駅から東武日光駅へ
  13. 東武日光駅からバスで日光東照宮へ
  14. 日光山輪王寺の逍遥園、宝物殿
  15. 輪王寺、三仏堂は修理中
  16. 輪王寺から日光東照宮へ
  17. 日光東照宮、五重塔
  18. 日光東照宮の神厩舎の三猿
  19. 日光東照宮の陽明門、眠り猫
  20. 日光東照宮奥宮
  21. 日光東照宮御本社、神楽舎で鳴龍
  22. 日光二荒山神社
  23. 日光二荒山神社の世界遺産「日枝神社」「神輿舎」「大国殿 宝形造」
  24. 日光輪王寺大猷院
  25. 日光東照宮 御神宝展
  26. 勝道上人像を眺めつつ、日光東照宮周辺を後に、歩きとバスで東武日光駅に移動
  27. 名物ゆば入り鶏わっぱ
  28. 七重八重 鬼怒川温泉 一人旅の費用
  29. 鬼怒川温泉 宿・地図
  30. 日光 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense