旧御涼亭、茶室楽羽亭など、桜三昧

再び新宿御苑内を歩き回ります。

これでもかと桜を見て回ります。

子供連れも多く、子供は芝生の上を元気に走り回っています。

また、外国人観光客も多く、特に中国人の多さに圧倒されます。

見た目は日本人に近いですが、言語が中国語なので、周囲に大勢いると、日本に居るのか、中国に居るのか、わからなくなるくらいです。

旧御涼亭。

旧御涼亭から見た外の景色。池と桜と庭園のバランスが絶妙です。

外から見た旧御涼亭。

太陽が出てくると映える桜。

桜以外も、全体の景色が東京都心にいることを忘れさせてくれます。

茶室の楽羽亭。有料で抹茶と茶菓子を頂くことができます。

レストランゆりのきには併設して展示コーナーがあり、この時は桜に関するパネル展示がありました。

それにしても、天気にも恵まれ、桜にも恵まれ、良い一日でした。

adsense

新宿御苑 桜の花見シーズン 一人旅の旅行記

2016年4月上旬の平日に、東京の新宿御苑へ一人旅に出かけた際の日帰り一人旅です。

  1. 新宿御苑 桜の花見シーズン 一人旅
  2. 東京駅から新宿御苑前駅への行き方
  3. 新宿御苑 大木戸門から入園
  4. 新宿御苑の桜の花見
  5. 新国立競技場の建設地を見学、新宿御苑再入園など
  6. 旧御涼亭、茶室楽羽亭など、桜三昧
  7. 新宿御苑、桜の花見シーズンの入場制限
  8. バスタ新宿とその周辺
  9. 新宿御苑 桜の花見シーズン 一人旅の費用
  10. 東京 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense