スポンサーリンク

駿府城 徳川家康像、天守台発掘調査

坤櫓を見終え、引き続き駿府城公園を見て回ります。 石垣。この積み方によっても石垣の強度などが変わってきます。 そして、しばらく歩くと駿府城跡天守台の発掘調査場に到...

駿府城 駿府公園と坤櫓の展示

まずは駿府公園に入ります。 二の丸橋を渡り、中へ。かなりの広さの公園です。 石垣の端には鳥の像も。 堀にはさまざまな魚等が居ます。 ...

静岡駅から駿府城への行き方

まずは直前まで訪れていた金谷駅から静岡駅に向かいます。 JR東海道本線を用いて移動。590円。 今回利用時には、金谷駅から東京駅までの乗車券を購入。3740円。そして静岡駅には途中下車をしました。 ...

駿府城 静岡県 一人旅

2019年10月中旬の平日に、静岡県の駿府城へ一人旅に出かけました。 1泊2日の最終日です。 駿府城は昔のお城の名称。今だと静岡駅近くにあります。 駿府城は徳川家康が長年過ごした地域でもあることから、歴史絡みとして...

掛川城 二の丸茶室で抹茶と上生菓子をいただく、大手門も

続いて掛川城の二の丸茶室にやってきました。 二の丸茶室は庭は自由に入ることが可能です。 茶室で呈茶を受けるには510円かかります。 まずは庭の方から。 日本庭園風の庭...

掛川城の二の丸御殿、創建当時のまま

掛川城の天守を見終えた後、続いて掛川城御殿に向かいます。 石段をすべて降りずに、途中で道があるので、その方向へ移動。 狭いところを通っていきます。 角度を変えての掛川城天守。...

掛川城の天守

掛川城天守へは最低でも410円です。その他の施設も訪れるのであれば、追加で料金がかかります。 とりあえずは掛川城の天守へ入るためのチケットを購入。410円。 そして、石段を進んでいきます。まだ...

掛川駅から掛川城への行き方、掛川城周辺

掛川駅に到着し、さっそく掛川城を目指します。 掛川城は北口方面から移動が可能です。 駅からは徒歩で7分とのこと。 ほぼ一直線で移動できますので、方向さえわかれば間違えることは...

掛川城 静岡県 一人旅

掛川城 静岡県 一人旅 2019年10月中旬の平日に、静岡県の掛川城へ一人旅に出かけました。 1泊2日の一人旅となっています。その1日目の前半に訪れた掛川城について取り上げます。 掛川城は今川家の実質的な滅亡を迎え...
広島県

広島城、二の丸建物、平櫓、多聞櫓、太鼓櫓

広島城の天守を出て、広島城内の他の場所の散策です。 天守の側には旧天守の礎石があります。昔の天守の礎石をそのままこの場所に移動して配置なども同じ状態にして並べてあります。 今現在の天守は新たに作られた...
広島県

広島城、天守と歴史博物館

広島城の天守は戦後に立て直されました。 戦中も現存していたのですが、原子力爆弾によって広島城も失われてしまいました。 その後、一度サイズを小さくして再建したものの、改めて作り直し、往年の姿...
広島県

広島城、毛利輝元の城

広島バスセンターから広島城を目指します。歩いて行ける距離です。 途中に「ひろしま美術館」もあります。 そして、地下を通って広島城方面へ。広島は地下を通って反対側に移動する場所が他の地域と比べて多いよう...
広島県

広島城 広島県 一人旅

2018年11月中旬の平日に、広島県の広島城へ一人旅に出かけました。 2泊3日の1日目前半です。 広島城は広島の中心地に近い位置にあり、他にも近場には広島原爆爆心地や原爆ドーム、平和記念資料館、平和記...

津山城、備中櫓

天守台から近い位置に備中櫓があります。これは復元された建物で、2004年と平成になって再建されました。 建物の中。美でも映像も流れているため、この映像で津山城について知ることも可能。ただ、映像時間が...

津山城、天守台など

津山駅に到着し、最初の目的地の津山城を目指します。 歩いて行ける距離ですが、時間短縮と付かれていたこともあり、タクシーを利用。8分ほどで到着。 津山城は別名「鶴山公園」とも呼ばれています。もともと鶴山という山があ...

津山城 岡山県 一人旅

2018年10月下旬の平日に、岡山の津山城へ一人旅に出かけました。 2泊3日の3日目前半。 津山城は天守もなく、石垣と復元された櫓のみの状態となっており、他の天守がある場所と比べて見劣りはするかと思います。 ...
現存する城

備中松山城 二重櫓、現存する塀など

備中松山城の天守を堪能した後、さらに周囲を散策。 天守の裏手側には腕木御門。 さらに奥には二重櫓があります。この二重櫓も現存しているものです。 六の平櫓内。テレビに映像が映ります...
現存する城

備中松山城 天守、現存する十二天守の唯一の山城

備中松山城の天守まで到着しました。 奥に見えるのが天守。 さっそく中に入ります。入城料は300円。 受付がありますので、そこで支払います。 門から見た天守。...
現存する城

備中松山城、天守への道

備中松山城の登城口である「ふいご峠」から、天守に向けて移動します。 「ふいご峠」は本来「鞴峠」と書きます。標高は290メートル。臥牛山の中腹に位置します。 臥牛山は昔は松山と呼ばれていました。ですので、城の名前も...
現存する城

備中松山城への行き方

備中松山城の雲海を雲海タクシーで堪能し、高梁駅に戻ってきました。 ここからバスかタクシーで備中松山城の近くまで移動することになるのですが、今回はタクシーを用いて移動。ちょうど乗り合いタクシーが引き続き備中松山城...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました