別府たつのや、関サバ、関アジ他、料理を堪能

大分県

別府での夜、夕食を食べにお店に向かいます。

事前にチェックしておいた「別府たつのや」に。

商店街を抜けつつ、お店へ。今回宿泊した宿からは遠い位置にありました。

商店街を抜け、さらに移動です。

そして、小路に入り、お店の中へ。まだ、のれんがかかっていなかったのですが、営業時間は過ぎていたため、中へ。

カウンターに通されました。カウンター以外も別のところにも席があるようですが、どれくらいの広さかはわかりません。

さっそく、お酒から。日本酒で大分のものを選択。

最終的には3種類頼みました。「西の関 美吟」1000円、「豊潤 芳醇辛口」700円、「鷹来屋五代目 特別純米」700円。

カウンターの様子。全部で5席です。

カウンターの先。かなり広々としたカウンター周りです。

さっそく日本酒が到着。お通し(付出し)も。500円。

そして、何を頼むか検討します。やはり、大分に来たならば、「関さば」「関あじ」は食べたいと思っていたので、この2点を。

他、何を頼もうか、迷いつつ、とりあえず、この「関さば刺身」3000円「関あじ刺身」2000円を注文。

そして、到着。

ちまちまと食べていましたが、味が明らかに普段食べているアジなどと異なり、ここまで違うのかと驚きです。鮮度がいいからか、関アジの弾力が桁違い。

ここまでの差があるものかと関心しながら、もったいないのでゆっくりと、関アジの味を噛みしめていました。

関サバも同じく、身がしまっているからか、食べ応えがあります。

どちらも驚きの美味さで、注文してよかったと思った次第。他のお店でも同じようなレベルなのか、気になるところではあります。

続いて、「うに玉」を注文。

日本酒も追加。大分県の物を頼んでいます。量は180ml、1合と思われます。

そして、「うに玉」到着。「うに」が団子状になっているのかと思いきやそうではなく。軽く混ぜてから食べると、中に入っている玉子の黄身と交じり合い、何とも言えない味に。見た目は荒々しく感じますが、食べると上品な味に仕上がっています。

続いて天ぷらを注文。1800円。天ぷらのつゆなど。

日本酒、さらに追加。

天ぷら到着。鱧(はも)なども入っています。鱧は近くに日出町(ひじ)という地域があり、そこは鱧で知られているとのこと。なお、同じ地域には「城下かれい」も有名なようですが、こちらの提供は4月から7月まで。そういえば、メニューで上の方に書いてありました。

最後に、他の人のセットメニュー内に蕎麦があったようで、それを食べたいと思ったので、メニューには書いていないものの提供可能な尋ね、可能とのことだったので、注文。600円。

うずらの卵は久しぶりにみたような気がします。

1時間30分くらいのんびりと食べ、そしてお店を後に。お会計は12980円。

個人的に昼食に続き、かなり奮発した額ではありますが、関アジと関サバの味や、その他の料理も大満足。

価格に妥協していたらこの味を堪能できなかったと考えると、十分すぎる内容でした。

外に出ると、のれんがかかっていました。さすがに平日ということもあり、お客は限定的でしたが、他にも仕事か何かで訪れたであろう一人利用者もいました。

金額を考えると気軽に、とは言えませんが、奮発するなら利用してみるのも良いでしょう。

後は宿に帰り、のんびりと過ごしました。

別府温泉 大分県 一人旅の旅行記

2019年10月下旬の平日に、大分県の別府温泉へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 別府温泉 大分県 一人旅
  2. 東京の羽田空港から大分、別府温泉への行き方
  3. ステーキそむり 別府本店 豊後牛を堪能
  4. 別府駅から別所地獄めぐりへの場所への行き方
  5. 別所地獄めぐり、7ヶ所のうち、近場の5ヶ所を巡る
  6. 別所地獄めぐり、7ヶ所のうち、離れの2ヶ所、行き方など
  7. 匠晴の宿 心庵の部屋、別府温泉
  8. 別府たつのや、関サバ、関アジ他、料理を堪能する
  9. 別府タワー、竹瓦温泉、駅前高等温泉を眺める
  10. 別府駅から大分駅への行き方、セブンスター、ななつ星in九州を発見
タイトルとURLをコピーしました