黒百合で金沢おでんを食す

インターネットで辺りをつけたお店をいくつかピックアップ。

その一つとして金沢おでんを出す黒百合というお店を第一に考え、出かけました。

金沢駅は夜になり、照明がそこかしこと。東北関東大震災の義援金の呼びかけの声がまだ響く中、あじわい館を目指します。

そしてお目当てのお店の「黒百合」を発見。

座敷とカウンターのお店です。カウンターの方が多めで、目の前でおでんを煮ています。

少しだけ待った後に通されます。

以前ですと、この手のお店は苦手なので、かなり気おくれをしますが、最近は神経が図太くなったのか、もう平気に。館ターに一人でも居られるくらいになると、食事の幅が広がります。

カウンターについたらメニューを見て、何を頼むか検討。

まずはビールということで、生ビールを注文。中ジョッキ580円。

そしておでんもいくつか。大根、玉子、帆立貝。そしてすじ肉煮込み。すじ肉煮込みはネギを入れるか、それとも味噌味にするかを尋ねられました。ネギを入れてもらうことにしました。このほか、岩魚の刺身も注文。「岩魚」は「いわな」と読みます。決して「いわざかな」ではありません。はい、いわざかなと注文し、スタッフに訂正されました。

スタッフが何を行っているのか時折分からない事もありますが、無難に対応。別に言語の問題でなく、単に知識不足で分からなかったりすることも。こういったこともあるのか、ということで、華麗にこなしていきます。

そして、おでんとすじ肉煮込みが到着。

そして岩魚の刺身も。

ビールと共に食していきます。いまいち金沢おでんと言われても、これといった大きな特徴があるように思えず。牛スジがあるのが特徴なのでしょうか。牛スジだけ、別の鍋で丹念に煮ていました。

せっかく来たのだからと、もうちょっと注文することに。

天玉、ごぼう、鰯つみれ(いわし)を注文。あと岩魚の焼き魚も。今度はしっかりと「いわな」と言って注文しました。恥はかき捨て。これでまた知識が増えたことになります。

天玉は卵を練りもので包んだもの。あとは名前の通りのおでんです。

岩魚の焼き魚も到着。

周りを見渡すと、人が徐々に減っていき。金沢の夜は結構早いようです。このお店は21時30分に閉まります。

だいたい40分ほどゆっくりして、そしてお会計へ。具体的に金額は覚えていませんが、4000円以上しました。一部の商品の価格が良くわかりませんが、改めて計算すると4070円だったのかな、と。岩魚関連が高めで2品で1500円以上でしたので、それで値段を釣り上げた感じです。

おでんのみでしたら、もうちょっと安く済ませられると思います。

一人ではなかなか訪れにくいと思われるこういったお店も、利用できるようになることで旅の楽しみが増していきます。

このお店でも一人で来ている人もいましたし、旅行と思われる女性一人の方もいました。男女問わず、チャレンジしていただけたらと。

夜に訪れるのは抵抗があるという人は、昼の定食の時間帯を狙ってみるのもよいでしょう。

なお、喫煙も可能なお店なので、喫煙しない人は運が悪いと辛い状況に陥るかもしれません。

今回はたまたま近くの席の人が煙草を吸わなかったので、食事を美味しくいただけましたが、中には吸っている人もいましたので。

ただ、地方のお店の場合は分煙などが進んでおらず、どうしても喫煙者と同じスペースにいなければいけない可能性が高まります。この辺りは旅をする上で、仕方ないと思って行動した方が、精神的に負担が少なくなります。

adsense

天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢 金沢 一人旅の旅行記

旅は『ゆけむりの宿 美湾荘 和倉温泉 一人旅』からの続きで、和倉温泉駅から出発しています。

  1. 天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢 金沢 一人旅
  2. 和倉温泉駅から金沢駅へ向けて出発
  3. 金沢駅周辺をチェック、喫茶店を探す
  4. 天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢へ荷物を預けに移動
  5. 蕎麦やまぎしで粗挽き田舎そばを食す
  6. 金沢城公園に到着
  7. 金沢城跡を見学
  8. 金沢城 五十間長屋を見学
  9. 金沢城 河北門など
  10. 金沢城 石川門を抜け、兼六園へ
  11. 兼六園 桂坂口から中に
  12. 寒い中、兼六園を引き続きチェック
  13. 兼六園からバスで金沢駅に、そしてホテルへ
  14. 天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢の部屋
  15. 黒百合で金沢おでんを食す
  16. 天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢の設備
  17. 天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢の設備、大浴場
  18. 魚菜屋で金沢での朝食を
  19. 天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢 一人旅の費用にかかった費用
  20. 金沢 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense