駅弁「えび千両ちらし」

東京駅から京都駅に新幹線で移動します。交通費は13320円、指定席を利用です。

東京駅では各地の駅弁を販売している「駅弁屋 祭」という場所があり、そこで移動中に食する駅弁を購入。

購入したのは「えび千両ちらし」。1200円。

駅弁の中で、一番と言ってもいいくらいのお気に入りの駅弁です。

乗り込む新幹線は「のぞみ41号」。

ホームに向かい、ドアが開いたらさっそく新幹線に乗り込み、席に座ります。

そして、購入した駅弁「えび千両ちらし」をテーブルの上に置きます。

蓋を開けます。蓋の形が特殊のため、開いた蓋に腕などを当ててこぼさないように注意が必要です。中にはおしながきも入っています。

そしてご対面。

上には厚焼き卵が全面に乗っており、ピンク色の海老のおぼろが乗っています。

これだけでは味気ない駅弁に感じますが、この厚焼き卵を外すと下にはさまざまな魚介類が入っています。この種類の多さが魅力的です。

うなぎ、えび、いか、こはだの4種類。

封入されている用紙にも、何が入っているのか記載されています。

この具だくさんがこの駅弁の魅力です。

のんびり食べつつ京都を目指し、2時間21分後に京都に到着です。

adsense

ホテル近鉄京都駅 京都 一人旅の旅行記

京都に移動し、そして宿泊した1泊目の旅行記です。

  1. ホテル近鉄京都駅 京都 一人旅
  2. 駅弁「えび千両ちらし」
  3. ホテル近鉄京都駅の部屋
  4. 紫野和久傳「鱧ちらし」
  5. ホテル近鉄京都駅の朝食
  6. ホテル近鉄京都駅 京都 一人旅の費用
  7. 京都 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense