紫野和久傳「鱧ちらし」

夕食を何にするか迷います。

新幹線内で遅い時間帯に駅弁を食べたため、あまりお腹も減っていません。

しかし、京都に来たのだから京都らしいものを食べようと、京都伊勢丹の地下のフードコーナーに移動。

さまざまなお店が並んでいる中、複数のお店の弁当を取り扱っているコーナーがあります。

時間も遅めだったために売り切れている弁当も多かったのですが、その中で一つ選択。

選んだのは「紫野和久傳」の「鱧ちらし」。3150円とちょっとお高め。

鱧(はも)が京都らしい感じがしたので選んでみました。

紫野和久傳も京都のお店です。同じ京都伊勢丹の上層階にもお店を構えています。

購入後は少し京都駅で迷いつつ。

京都駅は全体的に照明が控えめで、日が暮れると結構寂しい感じになります。

京都駅の上の方から見た今回宿泊しているホテル近鉄京都駅。

周囲を見渡すと京都が盆地に存在することを改めて認識。山に囲まれています。

京都伊勢丹の外の階段。ライトアップがきれいです。

上の方には全国各地のラーメン店が立ち並ぶエリアなどもあります。

ホテルに帰って紫野和久傳の鱧ちらしをテーブルの上に置きます。

蓋を開けるとメニューも入っています。どれが何なのか確認しながら食することが可能です。

メニューなどを取り除いてご対面。

ご飯の上に鱧が大量に乗っています。

他、茄子やトウガラシ、高野豆腐、オクラ、合鴨ロースなどなど。

日本酒と共に食するとよりおいしさが増すような内容です。

鱧そのものにも味が付いているため、淡泊な感じでもなく。

値段の高さに見合った弁当でした。

夕食後は部屋でくつろぎ、就寝。

adsense

ホテル近鉄京都駅 京都 一人旅の旅行記

京都に移動し、そして宿泊した1泊目の旅行記です。

  1. ホテル近鉄京都駅 京都 一人旅
  2. 駅弁「えび千両ちらし」
  3. ホテル近鉄京都駅の部屋
  4. 紫野和久傳「鱧ちらし」
  5. ホテル近鉄京都駅の朝食
  6. ホテル近鉄京都駅 京都 一人旅の費用
  7. 京都 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense