韻松亭、上野で昼食

上野動物園を出た時間は昼も過ぎた後でした。お腹も減っていたため、近場で食事にすることにしました。

上野公園敷地内に「韻松亭(いんしょうてい)」というお店があるため、そちらに出向くことに。

上野動物園から出て南側を目指して5分ほどで到着。

途中には団子屋「新鶯亭」などもありました。

外にはメニューも書いてあります。写真がないため、いまいちイメージは付きにくいですが、和食系のお店です。

さっそく中に入ると、入口で靴を脱ぎます。靴はスタッフが管理してくれるため、そのままにして部屋に案内してもらいます。

部屋に案内され、席に。席はテーブル席で、いくつかの部屋に分かれているようです。一人で利用している人も数人いました。男女共に一人客がおり、共に20代くらいの若い世代の人でした。他にも年齢が高いグループなども。平日のため、女性のグループも多めです。

パッとメニューを見ます。やや高めですが、場所と雰囲気を考えればこれくらいでしょうか。

花籠膳は書いてある内容の他に、籠に入ったさまざまな料理が付いています。

花籠本膳は、3段の入れ物に料理が入っています。

一番高いのも考えたのですが、ここは花籠膳の月を選びました。2600円。

テーブルに箸とスプーン、そしてお茶が置かれます。お茶は「おから茶」です。

小さな杯は番号札の役割になっており、会計をする際に持っていく必要があります。お酒を入れて飲んではいけません。

そして、7分後に料理が到着。

ご飯は豆御飯。豆と微妙な塩分と、そしてご飯の炊き具合が絶妙で、今回の料理で一番おいしいと思えるくらいの美味でした。

他、籠にはいろいろな料理が乗っています。

パッと見るとボリュームが少ないように感じるかもしれませんが、ちょこちょこ箸を付けて食べていくと、食べ終わる頃には満腹に。

花籠膳の月には別途焼魚も付きます。

窓の外では猫が毛繕い中。

食事を終えたら水菓子が到着。

笹の葉を開けてみると団子が入っていました。

食べ終え完食。約40分ほど滞在し、席を立ちます。

忘れずに盃を持ち、入口にあったカウンターに。そして会計を済ませます。クレジットカードの利用は不可でしたので、現金でお支払い。サービス料などは特になく、2600円でした。

adsense

上野 一人旅 南側編の旅行記

今回の一人旅は上野南側編と銘打って、南側を中心に見てきています。時間があれば北側も、と思ったものの、北側は美術館や博物館などが多く、単に外から建物を見るだけでは物足りないと考えたため、また日を改めて見に行くことを決意。

主に上野動物園や、その周辺の施設などの旅行記ですが、上野駅周辺の雰囲気をつかむため、散策してきました。

  1. 上野 一人旅 南側編
  2. 上野駅に到着、中央改札から不忍口方面のUENO3153へ
  3. アメヤ横丁へ
  4. 上野不忍口から不忍池へ
  5. 不忍池を1周、弁天堂も
  6. 上野動物園 西園
  7. 上野動物園 東園、パンダとご対面
  8. 韻松亭、上野で昼食
  9. 上野東照宮、上野大仏をチェック
  10. 花園稲荷神社、上野の森美術館、寛永寺清水観音堂など
  11. 上野の西郷隆盛像を拝み、上野南側一人旅終了
  12. 上野 一人旅 南側編の費用
  13. 上野 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense