名古屋駅周辺に夕食に、「世界の山ちゃん」へ

夕食のために名古屋駅周辺を目指します。

大きなビルに電気が点いています。昼とは違った姿です。

ホテルに置いてあった食事関連のパンフレットに載っていた、名古屋おでんが食べられるお店を目指します。

目指しますが、途中で道に迷い。歩いて5分もあればいけるような距離のはずですが、15分以上かけて到着。途中、本屋で場所を調べてみたものの、結局わからず。

歩きまわってようやく見つけたのが「おぼろ月夜」。

のれんを抜けたところにメニューが置いてあったので、まずは見てみたのですが…。

肝心のおでんのメニューが無く。実は、お店の名前をよく覚えずに来たため、もしかしたら別の店だったのかと思い、結局ここでは食べませんでした。

そのため、第2候補としていた「世界の山ちゃん」を目指します。

名古屋で有名な手羽先のチェーン店ですが、選んでいたお店が駅の反対側にあるため、長々とそちらに向かって歩きました。

到着したのは世界の山ちゃん 則武店。

一人で入るのは多少抵抗はあるものの、一人旅に慣れてきたこともあり、勢いよく突入。

一人であることを伝え、カウンターに案内されます。カウンターの前は敷居で遮られています。

さっそくメニューをチェック。注文したのは手羽先、どて煮、名古屋コーチン鶏天ぷら、銀河高原ビール。

一人のため、いろいろなメニューを頼めないのが残念なところ。

しばらく待っていると銀河高原ビールが到着。550円。

続いて幻の手羽先。400円。名古屋名物です。

箸入れには手羽先の食べ方が書いてあります。ただ、手を使って食べる食べ方でしたので、この通りにせずに、箸で口の中に突っ込み、うまく骨を分解しつつ食しました。

味はコショウが強めのピリッとした味わいです。

名古屋コーチン鶏天ぷらです。480円。塩をかけて食べます。名古屋コーチン自体は名古屋ならではの食材。

どて煮です。410円。これは名古屋名物の一つのようです。

大体30分くらいで食事を終え、代金1840円を支払い、お店を後にしました。

adsense

名古屋駅前モンブランホテル 名古屋 一人旅の旅行記

前日は石川県の芦原温泉に宿泊しましたので、その最寄駅からのスタート。宿情報よりかは周辺観光と食に関する話が多い旅行記です。

  1. 名古屋駅前モンブランホテル 名古屋 一人旅
  2. 芦原温泉駅から名古屋駅に向けて移動、まずは米原駅へ
  3. 米原駅から名古屋駅へ大垣駅を経由して
  4. 名古屋駅前モンブランホテルに荷物を預けるため移動
  5. 名古屋城に向けて歩いて移動
  6. 名古屋城内を探索
  7. 名古屋城小天守閣へ
  8. 名古屋城大天守閣へ
  9. 名古屋城の残りの場所をチェック
  10. 名古屋城から名古屋駅前モンブランホテルへ戻り、チェックイン
  11. 名古屋駅前モンブランホテルの部屋
  12. 名古屋駅前モンブランホテルの設備
  13. 名古屋駅周辺に夕食に、「世界の山ちゃん」へ
  14. 夜食として名古屋名物の天むす、手羽先を購入
  15. ホテルを出発、名古屋駅で「きしめん」を食す
  16. 名古屋駅前モンブランホテル 名古屋 一人旅の費用
  17. 名古屋 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense