千本桜、上田城近くのそば屋で真田六文銭の天ぷらそばを食す

昼食時にもなってきたので、食事をすることにしました。

上田城近くにお土産物屋があり、その脇にある「千本桜」というお店を選択。そば中心のお店です。

座席に座ります。カウンターのような席もありましたが、人も少なめでしたので、テーブル席に。朝から歩き回っていたので、すでに足が痛くなっていたので、座るのも一苦労。

選んだものは六文銭かき揚げ天ざるそば。1570円。

他にもいろいろと真田という名前をつけたメニューがあります。田舎そば、二八そば、さらしなそばと、3種類のそばを楽しめる真田三代そばも。

そしてそばが到着。

上に乗っている天ぷらに目が奪われます。ちくわを6つ並べて六文銭にしているのが特徴的。野菜の天ぷらです。これは目で楽しめるところがいいですね。

下にはそばが隠れています。田舎そば。

これを麺つゆにつけて食べていきます。

今回、この店を選んだ理由としては、インパクトの面で面白そうと思ったから。

味に関しては特にいうことはないのですが、天ぷらの食べにくさや、また、天ぷらのボリュームがあることから、油で胃がもたれる、ということもありますので、食べるかどうかは胃と相談した方がよさそうです。

この後のスケジュールも考え、動き回ったり行く場所が多いようでしたら、あえてこれを選択しないか、半分くらいで食べ終えることをお薦めします。

実際、夕食時になって胃に影響が現れました。

ですが、旅行として訪れるお店としてはありだと思います。

食べ終え、お会計を済ませ。

お土産物売り場が併設されている他、2階は上田氏観光会館になっているので、少し見てみることに。

アニメの看板もでかでかと置いてあります。

真田幸村像も。上田駅前とほぼ形が同じです。

甲冑の展示もあります。

以上で食事も済まし、上田駅に戻ります。

adsense
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense