八百徳、うなぎ屋でうな重

昼にうなぎを食べ、夜も鰻を食べるというのはどうかとも思いますが、せっかく浜松まで来たのだからと、夕方にもうなぎを食べることにしました。

訪れたのは「うなぎ八百徳」の本店。八百徳は「やおとく」と読みます。

駅の反対側にも支店がありました。

昼間の中休みも無いので、気軽に訪れることができます。

さっそく中に入り、席に着きます。ちょうど17時を回ったところで、まだ周囲には客が少なかったですが、その後は続々と人が入ってきました。特に一人客も何名も訪れていたのが印象的。

いろいろとありますが、今回はうな重に。3186円。上うな重などは、付いてくるものが少し異なります。

お櫃鰻茶漬けなどもあり、そちらも魅力的に映りますが、今回は標準的なうな重にしました。イメージとしては名古屋のひつまぶしのようなものです。

追加で、うなぎ肝焼きも注文。670円。

注文してから7分ほどで肝焼きが到着。

注文してから10分後に、うな重が到着しました。

パクリと平らげ、お店を後に。3856円でした。

八百徳という店名はバスを乗っている時に、別の場所でも見かけたのですが、同じ系統のお店なのかは不明です。

ただ、観光中に幾度か見かけたこともあり、浜松では有名なのではないでしょうか。

昼休みも無いので、時間を気にせず訪れやすいお店だと思います。

adsense

井伊谷 一人旅の旅行記

2016年5月中旬の平日に、静岡県の井伊谷へ一人旅の旅行記です。

  1. 井伊谷 一人旅
  2. 浜松駅前から井伊谷へバスでの行き方
  3. 龍潭寺、井伊直虎ゆかりの寺
  4. 龍潭寺の日本庭園、抹茶、井伊家の墓
  5. 井伊谷宮
  6. 井伊家初代共保出生の井戸
  7. 妙雲寺、井伊直虎の菩提寺
  8. 井伊谷城跡
  9. 井伊谷から浜松駅前へバスでの行き方
  10. 八百徳、うなぎ屋でうな重
  11. うなぎパイ、源氏パイをお土産に
  12. 井伊谷 一人旅の費用
  13. 浜松 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense