高尾山 薬王院 精進料理

高尾山の薬王院では精進料理を食べられるとのこと。

今回は麓で食べて帰ろうと思っていたのですが、案内板を見たので行ってみることにしました。

やや奥まったところにありますが、薬王院の敷地内に道中に案内板がありますので、その方向に向かって進みます。

予約も可能のようですが、予約が無くても受け付けているようです。

予約した人とは入り口が違うようです。

予約した人は方丈殿という場所で、そうでない人は客殿での食事になります。

右奥にあるのが方丈殿。

まずは靴をしまいます。上下幅が狭いため、登山靴がはみ出ているのがわかります。横に寝かせる形で入れるとよいでしょう。

矢印に従い、奥まで進みます。

そして大広間に。

手前側で料金を支払います。ビールなどの飲みものも注文できます。精進料理2800円でした。

席はテーブル席と座敷席があります。支払いの際にお好みの席を聞かれますので、選びましょう。

食前と食後の言葉が掲げられています。

メニュー票がもらえます。これがあるとないとでは食事に対する心構えが大きく変わります。何を食べているのか知りつつ食事をしたいものです。

隅に玄米雑穀ごはん、豆サラダ、赤だし味噌汁が置いてありますので、自分で取りに行ってよそいます。

20分以上経過してようやくメインが登場しました。

揚げ物は季節の天ぷら、プレートにはさまざまな料理、お鍋はおぼろ豆腐。

おぼろ豆腐は下に火をつけてくれ、温かい状態で食べられるはずなのですが、固形燃料を少なくしていることから、ほとんど暖まらずに火が消えてしまいました。

見ていると数人の客が、火が消えたという訴えをスタッフにしていたのが印象的です。

天ぷらは稲穂の天ぷらのようなものがあり、これが意外にもおいしく感じました。初めての経験です。

最後に権現力水とお汁粉をセルフサービスで取ってきて食事終了。

入ってから配膳までも含め、50分の食事時間でした。

30分もかけてゆっくり食べていたというのに驚きです。量としては少ないのですが、味わいながら食べることで、結構お腹が膨れました。

客殿から出る途中に門がありますが、僧侶専用の門のようで、ここを通り抜けることはできません。ですので、脇の道を通り抜けます。

後は下山するのみです。

adsense

高尾山 四号路 一人旅の旅行記

新宿から出発し、高尾山口から高尾山を楽しむ一人旅の旅行記です。

一号路などはすでに過去に紹介済みですので、四号路を中心に紹介していきます。

  1. 高尾山 四号路 一人旅
  2. 新宿駅から高尾山口駅へ
  3. 高尾山口駅 開発中
  4. 高尾山口駅からケーブルカー、エコーリフト乗り場へ
  5. 高尾山リフト山麓駅から山上駅へ
  6. 高尾山一号路から四号路入り口まで
  7. 高尾山四号路
  8. 高尾山頂上 開発中
  9. 高尾山 薬王院
  10. 高尾山 薬王院 精進料理
  11. 高尾山 絶景展望台
  12. 高尾山 リフトで山上駅から山麓駅へ
  13. 高尾山 四号路 一人旅の費用
  14. 高尾山 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense