かじか、長良川近くのお店で鮎料理、鵜飼なども

今回の宿泊は朝食のみのプランのため、夕食を食べるために外に行く必要があります。

普段、夕食ありの宿泊ばかりでしたので、夜、どこで食べればいいか、実はまったくわかっておらず。

昼食に飛騨牛を食べたので、何も食べなくてもいいかな、などと思ったものの、せっかくなので、何かしら食べようと外へ。

昼に飛騨牛を食べたので、夜は長良川なら鮎だろうということで、鮎が食べられるお店に向かいました。

道路が暗いものの、長良川を上っていく形で移動。

そして、7分ほど歩いて到着したのが「かじか」というお店。

手前側の道路が車が行き交っていて、なかなか反対側にいけませんでしたが、何とかお店の前まで到着しました。

外の様子を見ると、昔ながらのお店のように感じられ、ちょっと躊躇しましたが、ここまで来たらと勢い付けて突進。

店内はちょっと雑然としている感じで、物が多く感じられました。客数は少なめだったので、窓際のテーブル席を取ります。

今回選んだのは「あゆ定食」。あゆ2尾と小鮎のフライなど、鮎絡みが多めだったため、選びました。

まずはサラダ。

そして、一式。

鮎のフライは小鮎のフライで、頭から食べられます。

その後、おまけとして田楽(でんがく)と鮎の甘露煮もいただきました。お店の看板を見ると「でんがく」の文字も書いてありますし、地域性があるのでしょうか。

調べてみると、「菜飯田楽(なめしでんがく)」というのが愛知や岐阜の名物としてあるとのこと。

豆腐を焼いて、甘みのある味噌が塗ってある食べ物です。

そして、鮎が登場。

味付けは塩味と、もう一つは先ほどの田楽と同じ味の味噌が付いています。

値段は高いのですが、かなりの大振りです。

鮎は食べにくい魚としても知られていますが、身を箸でほぐし、一気に箸で骨から外して食べていきました。事前に鮎の食べ方を調べておくと良いかもしれません。

聞いていないので、この鮎がどこ産なのかはわかりませんが、長良川の鮎であることを願っています。

すべて食べ終え、お会計へ。2600円。

いろいろな追加を頂いたこともあるので、十分すぎる満足度。とはいえ、そうした追加が無くても、この鮎の大きさであれば、それだけで満足していたでしょう。

そして、外へ。

ちょうど、時間帯的に鵜飼が行われる時間。

まず、花火が上がり、それを合図で鵜飼が開始されるとのこと。

遊覧船が多く鵜飼の船の周りを取り囲み、見物します。

今回は時間の都合等もあって見ることはできませんでしたが、以前、犬山に行ったときに木曽川の鵜飼を見たので、その時を思い返しつつ、遠くから眺めていました。

長良橋の上から眺めていましたが、他の観光客も何人か眺めておりました。

こうした鵜飼は、ホテル等のプランで見学できるほか、長良橋の下に鵜飼の見学を受け付けている場所もありますので、そうしたサービスを利用しましょう。

帰り際、鵜飼のサービスをしている周辺を散策。手湯などもあります。

adsense

岐阜城 岐阜 一人旅の旅行記

2017年10月中旬の平日に、岐阜の岐阜城へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 岐阜城 岐阜 一人旅
  2. 織田信長が出迎える岐阜
  3. 岐阜ロープウェイ、岐阜城への行き方
  4. 岐阜城までの道のり
  5. 岐阜城 天守
  6. 岐阜城資料館、信長公の隠れ家
  7. 岐阜城から下山、岐阜公園と岐阜市歴史博物館へ
  8. 崇福寺、織田信長、信忠の親子の霊廟所
  9. 岐阜牛料理「匠味」で岐阜牛を堪能
  10. 長良川温泉 ホテルパークの部屋と温泉
  11. かじか、長良川近くのお店で鮎料理、鵜飼なども
  12. 長良川温泉 ホテルパークの朝食、そして関ヶ原へ
  13. 岐阜城 岐阜 一人旅の費用
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense