龍潭寺

佐和山城址に登る途中にあるのが龍潭寺。

佐和山は龍潭寺や清凉寺が所有権を有しています。

このため、佐和山城に団体で登る場合は、この寺の許可が必要です。

龍潭寺そのものも拝観を受け付けています。

拝観料400円。

入らずに帰ろうかと思ったのですが、せっかくなので入ることに。

ふすま。桃山時代作の作品とのこと。佐和山城の石田三成の屋敷のものとの言い伝えがあるとのこと。

通路。主に長方形の形状の通路を歩いて見ていく感じです。

宗派の説明の額。こうしたものがあると、どういったお寺なのか、どういった伝えがあるのかが分かって助かります。ちなみに、この龍潭寺は臨済宗です。

ふすま絵。

石庭「方丈南庭 枯山水
ふだらくの庭」。方丈は四角形、枯山水(かれさんすい)は水が枯れた状態で山や水を表現していることを指します。

達磨(だるま)の絵馬。

大きな達磨。ちょっと怖い感じもします。

たくさんの達磨が置いてあります。臨済宗の元となる禅宗は、達磨という人物によってできたものです。その関係で、置物の達磨が多く飾ってあるのでしょう。

掛け軸なども。

裏手側。

大広間。ここから庭を眺めることができます。

石庭とは異なるもう一つの庭「借景式 蓬莱池泉庭」。「蓬」は点が2つありますが、正しくは点が1つのようです。

佐和山の景色を借りた庭です。

移動して別の場所にも達磨の展示があります。

龍潭寺では10分ほど滞在して寺を後にしました。

庭でもう少しゆっくりくつろぎたかったのですが、雨が降る前に電車に乗りたかったので、寛ぐことなく寺を去りました。

近くにバス停もありますが、ほとんどバスは来ません。曜日なども限定されています。

ついでに井伊神社もすぐ脇にありましたので見てみました。

とはいえ、修繕中なのか、囲いがしてあり、全容が見えず残念。

この後、彦根駅に向けて戻りました。

行きと異なり、高低差が無い道を選んで移動。線路の脇を通っていけば、簡単に移動できることを知り、来る時の苦労は何だったのかと考えつつ、とぼとぼ駅まで歩きました。

20分くらいで彦根駅に到着。

この後は大阪に向けて移動です。

adsense

彦根城 一人旅の旅行記

2015年6月中旬に訪れた滋賀県彦根一人旅。

彦根城と「ひこにゃん」、そして佐和山城址を中心に取り上げています。

  1. 彦根城 一人旅
  2. 東京駅から彦根駅への行き方
  3. 彦根駅から彦根城への行き方
  4. 近江や、彦根で近江牛を食す
  5. 彦根城 ひこにゃんの時間
  6. 彦根城を登る
  7. 彦根城 天守
  8. 彦根城 西の丸、三重櫓
  9. 玄宮園と楽々園、抹茶をいただく
  10. ひこにゃん、彦根城にて
  11. 彦根城博物館
  12. 佐和口多聞櫓、開国記念館
  13. 彦根キャッスル リゾート&スパの部屋
  14. 彦根キャッスル リゾート&スパの施設
  15. 彦根キャッスル リゾート&スパの夕食
  16. 彦根キャッスル リゾート&スパの朝食
  17. 彦根駅から佐和山城址までの行き方
  18. 佐和山城址
  19. 龍潭寺
  20. 彦根城 一人旅の費用
  21. 彦根 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense