東大寺 周囲の散策、法華堂、開山堂、二月堂、正倉院など 世界遺産

世界遺産

東大寺の大仏殿を出て、引き続き周囲の散策です。

まずは大仏殿手前側にある鏡池。木々が池に反射されて映っているのが魅力的です。

相輪。この相輪自体は1970年の日本万国博覧会に出展した七重塔の相輪。1200年前にあったとされる東大寺の相輪をイメージした物とのこと。

この辺りからは高低差のある場所を登っていくことになります。

俊乗堂(しゅんじょうどう)。

行基堂(ぎょうきどう)。

このあたりにも鹿はいます。

鐘楼(大鐘)と梵鐘。鎌倉時代、奈良時代の物です。

梵鐘の中に入って見ました。これが落ちてきたらと思うと怖いですが。

念仏堂。

さらに階段を上っていきます。

見えてきたのは法華堂。

法華堂(ほっけどう)は別名「三月堂」とも呼ばれ、奈良時代の建物とされています。東大寺では最古の建物で、733年創建の説があります。

こちらは有料で中に入ることが出来ます。600円。

仏像が多く展示されており、軒並み国宝でした。

法華堂の近くには振り返ると三昧堂(四月堂)。

続いて二月堂。これらの二月、三月、四月とは、その時に法会が行われているから、このような名称になっているようです。

二月堂は階段をさらに登る必要があります。

登った先にはお守りなどの売店。

そして二月堂。

ここは欄干部分を歩くことが出来ます。

欄干から見た下の様子。

大仏殿も頭だけ見えます。

欄干の様子。この日は天気も良くて暑かったのですが、ここは風通しも良く、涼しく感じられました。

二月堂の額など。

欄干の先には手水舎。

また、休憩所もあります。

少し涼んでから下に降ります。当然、階段を下る必要があります。着た場所とは別の階段から。

この後あhのんびり下に向かい、大仏殿方面へ別ルートから移動。

裏手から大仏殿。

講堂跡の広間には鹿が多数います。

大仏殿の回廊部分を外から。

大仏殿を脇から。ここからだと鴟尾がよく見えます。

そして、正倉院が近くにあるため、そちらに移動。

と思ったら、公開時間前で開いていなかったので、先に戒壇堂を見学に。

戒壇堂(かいだんどう)。755年に建立されたものの、何度も火災にあい、現在の伽藍は1732年に再建されたものとなっています。

戒壇は僧侶になるために行う儀式のようなものです。

戒壇堂の中には4つの国宝の仏像が展示してあります。600円。

まだ正倉院が開く時間まで間があり、天気が良くてその場に居座るのは辛かったので、大仏殿周辺の脇の階段のところで休憩。

そして、正倉院の場所に移動。

池。

正倉院に接近。教科書などでもよく掲載されている場所です。

外には説明書きも。

そして中へ。と言っても、正面外側から眺めるだけですが。ここは宮内庁が管理しています。

さまざまな場所を眺めてみます。

中は2階作りになっているそうです。北倉、中倉、南倉と3つに分かれおり、それぞれの場所で収納されているものが異なります。

遠くから眺めるしかないのでなんではありますが、教科書等でよく出てきたものの実物が見れて何より。

この後は食事をするために移動。

再び大仏殿を通ったら、人が多くて圧倒されます。

途中で見かけたぬいぐるみ。「せんとくん」が「しかまろくん」の首を絞めています。しかまろくんの人気に嫉妬でもしているのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました