戸隠神社 奥社

戸隠神社奥社入口から、奥社目指して歩きます。

小雨が降ってきているので、傘を差しつつ。

手を使って歩くような場所はないので、傘を持って移動が可能です。

奥社まで約2キロ、その途中の随神門まで約1キロ。

直線的な道を歩いていきます。

左右が沢のようになっていることもあり、また、訪れた日が涼しい日だったためか、かなり肌寒く感じました。

このため、上着を取り出して着て、温度調整をしながら先に進んでいきます。

途中、汗ばむ状態になったので、タオルも利用しつつ。

足元は、最初の方は整っているものの、石なども転がっているため、できるだけ歩きやすい靴で訪れたいところ。ハイヒールなどはやめておいた方が良いでしょう。

両方を木々に囲まれ、神聖な感じのするエリアです。

そして見えてきたのが随神門。ここまで約12分ほど。この場所まではほぼ平面を歩いてきました。

随神門には像があります。由来等は不明。

随神門の先は奥社参道杉並木。左右に立派な杉の木が並びます。

上を見上げると、木々で雨がさえぎられているため、傘が不要に。

木の中が空洞になっている場所があり、中になぜかお供え物がしてありました。

途中、お手洗いがあります。ここが最後のお手洗いのため、済ませておくとよいでしょう。

別の方向にも進めるようですが、今回は寄り道はせず。

ひたすら先に進みます。

すると、途中から段差がある場所に出ました。

この段差がなかなかきつく、距離も結構あります。

石碑。

どんどんと進んでいきます。

後ろを振り返ると、途中まで結構人がいたと思ったら、いつの間にかほとんど人がいなくなりました。

最後の方になると、登山道への道もあります。ここから戸隠山への登山が可能です。

石碑。

手水舎。

一つ目の社は九頭龍社(くずりゅうしゃ)。

そして、さらに階段を上がったところに鳥居が見えます。

ここが戸隠神社奥社です。新しく見えるのは、建て替えを行ったからです。平成7年に建立。

出発から約40分、随神門から28分で到着。

九頭龍社から見た眺め。

戸隠神社の石碑も。

近くにお守り販売所もあります。

水がしたたり落ちている場所。

別の場所に石像。

と、一通り見終え、後にします。

帰りは下りになるので、少しは楽ですが、あまり一気に降りようとすると膝を痛めるため、地道に歩いて帰ります。

その後の平坦なところはサクサクと進み、35分で入口まで到着。

この参道の脇には戸隠森林植物園もあります。参道の途中から植物園に入っていくこともできますので、帰りのルートを少し違った雰囲気で戻ることも可能です。

この後はバスの時間が来るまで周囲を散策。

バス停近くに戸隠民俗館や戸隠流忍法資料館などがあるのですが、バスの時間が迫っていたこともあり、見学せず。

ちなみに、有料です。

ところどころ、紅葉も見え始めた時期でした。

バスが来て乗り込み、次の場所に向かいます。13時27分発。

adsense

戸隠 一人旅の旅行記

2015年9月下旬平日の長野県2泊3日の一人旅の3日目の旅行記です。戸隠エリアを中心に出かけています。

  1. 戸隠 一人旅
  2. 長野駅から戸隠への行き方
  3. 戸隠そば うずら家
  4. 戸隠神社 中社
  5. 戸隠神社 奥社への行き方
  6. 戸隠神社 奥社
  7. 戸隠 そば博物館
  8. 長野駅から東京駅への行き方
  9. 戸隠 一人旅の費用
  10. 戸隠 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense