鎌倉パークホテルの夕食

夕食の時間になったので、夕食会場に向かいます。

鎌倉パークホテルの夕食は部屋ではなく、1階にある「甲羅」というお店で食べることになります。

すでに予約時にセットで申し込んでいたため、料理が来るのを待つだけです。

旅行のプランにウェルカムドリンクが付いていたので、渡されたメニューの中から1品選びます。ビームをチョイス。

献立表も用意されています。日本料理の順番で配ぜんされます。

店の様子。カウンター席もあったように思いますが、案内されたのはテーブル席です。

テーブル。

飲み物のメニュー。

席について5分後くらいに料理が到着しました。まずは前菜。中央の紅葉が季節感を漂わせています。

続いて刺身。鯛、紋甲烏賊(もんごういか)、カンパチ。

蒸物。黒米のまんじゅう。

ビールが尽きたため、日本酒を注文。「吟醸生貯蔵酒
鎌倉栞」1800円。300ml入っています。約1.5合。外で飲むとお高く感じます。後で確認したところ、サービス料金としてプラス10%の180円多く請求されていました。

焼物。鰤(ブリ)の焼煮です。初めて知りましたが、松葉は食べられるんですね。公孫樹の形をしたカステラの上にあるのが松葉です。食べるとポキポキとした触感が楽しかったです。

酢の物として蟹。このお店、甲羅という名前からもわかるように、蟹がメインのお店のようです。予約時にはわからなかったのですが、現地でメニューを見ると、蟹料理のコースなども多々ありました。蟹が好きであれば、蟹コースを注文した方が堪能できるかもしれません。もっとも、蟹はほぐすのが面倒なので、なかなか食べるのも億劫ですが。

煮物。

そしてご飯とみそ汁。ご飯はしらすの炊き込みご飯です。鎌倉周辺の海はシラスが有名のようで、飲食店でシラスをメインに出しているところもあります。

お焦げがついたご飯を茶碗によそい、みそ汁と漬物と共に食します。

そして最後のデザート。豆乳プリンに上には白玉、クリーム、餡、イチゴ、色付けの小さな飴玉が、そして黒蜜が掛けてあります。

以上で食事が終了。1時間20分ほどかけ、ゆっくりと食べました。

こうした食事ですと手持無沙汰になる人もいると思います。そういう人は、本を持ち込んだり、音楽でも聴きながらのんびり過ごしましょう。あまり行儀はよくありませんが。

日本酒の料金は翌日ホテルの会計を済ませるときにまとめて支払う形にしてもらい、料金を支払わずにお店を後にしました。

adsense

鎌倉 一人旅の旅行記

鎌倉の一人旅です。神社と寺とホテルがメインです。

  1. 鎌倉パークホテル 鎌倉 一人旅
  2. 鎌倉一人旅の準備と持ち物
  3. 池袋から鎌倉へ湘南新宿ラインで出発
  4. 円覚寺へ
  5. みつは志 北鎌倉店で昼食
  6. 建長寺へ
  7. 長寿寺、岩船地蔵堂へ
  8. 海蔵寺へ
  9. 源氏山公園へ、手前の化粧坂が注意
  10. 銭洗弁財天 宇賀福神社へ
  11. 鎌倉大仏 高徳院へ
  12. 鎌倉オルゴール堂で時間つぶし
  13. 長谷寺 夜間拝観
  14. 長谷寺から歩いて鎌倉パークホテルへ
  15. 鎌倉パークホテルの部屋
  16. 鎌倉パークホテルの夕食
  17. 鎌倉パークホテルの周辺、そして夜明け、日の出
  18. 鎌倉パークホテルの朝食
  19. 鎌倉駅からバスで大塔宮へ
  20. 瑞泉寺へ
  21. 鎌倉宮、荏柄天神社、頼朝の墓へ
  22. 鶴岡八幡宮へ
  23. 八倉でしらす丼を食す
  24. 鎌倉駅からグリーン車を用いて新宿へ
  25. 鎌倉 一人旅の費用
  26. 鎌倉 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense