あわら温泉 まつや千千の夕食

夕食時になりましたので、食事処に向かいました。

今回宿泊したプランは、同じ階にあった「食事サロン 千代見草」で提供されます。

半個室に通されテーブルに。

お酒なども揃っています。福井県は日本酒で有名な酒蔵もあり、36の酒蔵が福井県にはあるとのこと。

今回は最初に地酒3種飲みくらべを選択。1080円。

また、メニューも置いてありました。

先付けと柚子蜂蜜酒。

そして、日本酒の飲みくらべの地酒到着。福井県の地酒で、左から「花垣 純米米しずく」「黒龍 吟醸いっちょらい」「白岳仙
奥越五百万石」。

刺身。福井県は日本海に面しているので、魚介類もお勧めできます。縞鯵、雉ハタ(キジハタ)、マグロ、才巻エビ。才巻エビは車エビの小さいサイズのものを指します。

そしてカニ。福井県といえば「越前ガニ」が有名ですが、シーズンが決まっていて11月から3月まででないと漁が解禁しません。訪れた時期はシーズン外だったため、「津和井蟹」でした。シーズン中に訪れることを検討してみるのもいいかもしれません。ちなみに「ズワイガニ」と呼びます。「越前ガニ」も「ズワイガニ」なので、いまいち違いがわかりません。

必死になって身を解していきます。

そして鮑の踊り焼き。蓋をして蒸されるのを待ちます。

ここで日本酒追加。選んだのは黒龍の大吟醸。1.5合で2240円でした。黒龍は有名な日本酒で、大吟醸は文句なしの味わい。

鮑が観念してきました。

スタッフが切り分けてくれます。肝などの部分もおいしくいただけます。

続いて牛ミニステーキ。時にこの地域の牛肉なのかどうかはわかりません。メニューに書いていないので、たぶん違うのかと。

才巻海老などの天ぷら。才巻海老は先にも述べた通り、車海老の小さいサイズのことです。

海鮮饅頭。饅頭といっても餡子が入っているわけではありません。海鮮類をすりつぶして団子状にしたものです。お出汁もおいしくいただけます。

最後にご飯と留椀と香の物。ご飯は鯛御飯でした。

そしてでデザートはフルーツ盛り合わせ。地域性があるものなのかは不明。一応福井県ではあわら市メロン栽培を行っているようです。

以上で食事が終了。約2時間ゆっくりと食事をしていました。

帰りがけに見かけた展示。黒龍のいくつもの日本酒の空き瓶が並んでいます。

部屋に帰ると夜食としておにぎりが置いてありました。

adsense

あわら温泉 福井県 一人旅の旅行記

2018年6月上旬の平日に、福井県のあわら温泉(あわら湯のまち駅)へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. あわら温泉 福井県 一人旅
  2. 福井駅からあわら温泉への行き方
  3. あわら温泉 まつや千千の部屋
  4. あわら温泉 まつや千千の源泉大浴場 千のこぼれ湯
  5. あわら温泉 まつや千千の施設散策、福井の有名どころの日本酒の展示など
  6. あわら温泉 まつや千千の夕食
  7. あわら温泉 まつや千千の朝食
  8. あわら温泉 周辺観光、足湯や焼けた旅館なども
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense