国立西洋美術館へ一人旅

一人旅、と言えるほどのことではありませんが、国立西洋美術館目指して出発です。

最寄り駅はJR上野駅。

さまざまな出口がありますが、公園口が一番近くてお薦めです。上野公園のところに国立西洋美術館があります。

世界遺産登録へ向けての看板。

歩いて1分程度で国立西洋美術館に到着。まずは正面からチェック。

正面の広場には像などが展示してあります。

階段がありますが、ここは利用できません。

オーギュスト・ロダンの考える人の拡大作。実物より大きく作られたものです。

別の角度から見た国立西洋美術館。

まずは入口近くにあるチケット売り場で観覧料金を支払います。常設展は430円。

企画展は今回は1400円。この企画展観覧料金内に常設展の入館料も含まれます。クレジットカードだけでなく、SUICAなどのICカードでも支払いが可能な点が便利。

施設内は展示エリア以外であれば無料で入れますので、ショッピングや食事でしたらチケットを買わずに入りましょう。

施設内にはコインロッカーがあります。大きい荷物などは預けましょう。

企画展に向かう途中にもコインロッカーが。

そして企画展の中へ。

企画展の中は撮影禁止。

企画展から出てきて、続いて常設展へ。どこから入ればいいのかわかりにくいのですが、1階に常設展の入口があるので探しましょう。国立西洋美術館の入口から入ってすぐの位置にあります。

常設展は条件付きで撮影が可能とのことでしたが、入った時点では気が付かず。撮影している人を見て、撮影していいのか、と思ったものの、確認するのも面倒だったので写真を撮らずに出てきました。

2時間ほど企画展と常設展で過ごし、外に。

すでに日が暮れ、辺りは暗くなっていました。

ライトアップされた彫像などが魅力的です。

暗くなった国立西洋美術館側。室内の明かりが目立ちます。

そして門の外へ。

遠くには東京スカイツリーも見えます。

上野駅まで徒歩1分程度。

これで国立西洋美術館の一人旅終了。

adsense

国立西洋美術館 上野 一人旅の旅行記

単に行ってきた話しかありませんので、簡潔に取り上げています。

  1. 国立西洋美術館 上野
  2. 国立西洋美術館へ一人旅
  3. 国立西洋美術館 上野 一人旅の費用
  4. 上野 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense