戸隠そば うずら家

戸隠エリアの戸隠中社に到着しました。

今回のお目当ては「戸隠そば」。日本三大そばと言われる戸隠そばを食べるために、このエリアまで来ています。

ということで、さっそくお店に入ります。

事前に調べていた戸隠中社のバス停から近い位置にある「戸隠そば うずら家」に向かいます。

お店発見。

さっそく中へ。

開店して間もないのに、すでに多くの人が入っていました。

2階に席があるとのことなので、2階に移動し、座敷の横長のテーブル席に着席。

メニューを見て選びます。天ざるそばを注文。1800円。

また、そばがき1200円も注文しました。

注文の際に、そばがきを先に出して、その後天ざるそばを出すのがよいですが、どうですか、と聞かれたので、その通りにお願いしました。

そば茶と香の物。

お店の様子。座敷以外にもテーブル席があります。

壁にもいくつかメニューが貼ってあります。

そして、8分ほどで「そばがき」が到着。いろいろな薬味もありますので、味を変えつつ食べることが可能です。ボリュームは結構あり、これだけでお腹がいっぱいになりそうです。

そばがきを食べ終え、天ざるそばを持ってきてくれるようにスタッフに伝えます。

そして、天ざるそばのそばが到着。そばがきが来てから12分後です。そばがきを食べている時間があるので、待ったという印象ではありません。

続いて、天ぷらも到着。えび、サツマイモ、那須、大葉、そして茸。茸はマイタケかしめじかのどちらかでしたが、忘れました。

最後に、蕎麦湯も持ってきてくれます。

おちょこに蕎麦湯を入れ、自分で味を調整して最後は胃を暖かくして食事終了。そばつゆと蕎麦湯の割合がわからない人は、そばつゆ1に対して蕎麦湯を2か3くらいがお薦めです。これで一般的なかけそばと同じ濃さになります。

入店して40分でお店を後にしました。

会計は3000円ですが、戸隠高原フリーきっぷを持っていると1割の割引が受けられるとのことなので、支払いは2700円でした。

観光地にありながら、接客がいい感じと思いました。

不愛想であったり、ぞんざいなお店が多い中、スタッフがてきぱき動いて居心地よく感じます。

観光シーズンや連休などの際には多くの人が訪れるようで、気軽に利用はしにくいです。この日も、後から続々とお客が来ており、食べ終えて外に出たら外に待っている人がいる始末。記帳して順番待ちができるため、その間に周囲の散策などもできそうです。

adsense

戸隠 一人旅の旅行記

2015年9月下旬平日の長野県2泊3日の一人旅の3日目の旅行記です。戸隠エリアを中心に出かけています。

  1. 戸隠 一人旅
  2. 長野駅から戸隠への行き方
  3. 戸隠そば うずら家
  4. 戸隠神社 中社
  5. 戸隠神社 奥社への行き方
  6. 戸隠神社 奥社
  7. 戸隠 そば博物館
  8. 長野駅から東京駅への行き方
  9. 戸隠 一人旅の費用
  10. 戸隠 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense