てつのくじら館で本物の潜水艦「あきしお」に進水

「てつのくじら館」の建物の前には潜水艦「あきしお」が展示されていますが、この潜水艦は中に入ることも可能です。

3階から侵入可能です。

潜水艦「あきしお」は1985年に進水、そして2004年に除籍、その2年後にこの呉史料館に展示されています。

中に入っていきます。

パネル展示等はほとんどありませんが、要所要所に説明も。

トイレ。

シャワールーム。

さまざまな仕組み。

通路。広くないのがわかります。こんなにも狭いところに多くの人が暮らしているのは驚きです。ちなみに、あきしおの乗員は80名とのこと。

寝室。てつのくじら館内では試すことができましたが、この潜水艦内は試すことができません。通行禁止です。

電灯の色が変わっています。あまり説明などが書いていないため、なぜそうなのかはよくわかりません。

台所でしょうか。

比較的広い場所。ティーカップが置いてあることから、休憩所か何かでしょうか。士官公室。この場所で時には手術等が行われたそうです。

第1・2士官寝室。先ほどの寝室より広め。

館長室。寝室は独占。

魚雷搭載口。

さまざまなパイプ類。

計器類。

操舵室でしょうか。

床下の様子が透明になって見られるようになっています。

他、さまざま。

潜望鏡もあり、実際に外の様子が見られたのですが、人が多くて見ることができず。

ちなみに、外の船が出航する様子が見えたようです。

潜水艦内は見終え、外へ。

この潜水艦が展示されるまでの経緯を記したポスター。

1階まで戻り、売店前にあったキャラクター看板。3等海尉「シャルロット・ハリス・鳴海」だそうです。どうも徳島自衛隊のマスコットキャラクターのようで、自衛隊三人娘という取り上げ方をしていました。

呉を舞台にしたアニメ「この世界の片隅に」の展示もあります。

これで一通り、てつのくじら館を見終え、いよいよ東京へ帰ることに。

adsense

大和ミュージアム 呉 広島県 一人旅の旅行記

2018年11月中旬の平日に、広島県の呉にある大和ミュージアムへ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 大和ミュージアム 呉 広島県 一人旅
  2. 広島駅近くのアパホテル 広島駅前大橋の部屋
  3. 電光石火 駅前ひろば店、ひろしまお好み物語 駅前ひろばで広島お好み焼きを食す
  4. 広島駅から呉駅への行き方
  5. 大和ミュージアム、戦艦大和を作った地の歴史科学館の周囲は戦艦「陸奥」
  6. 大和ミュージアムへ入港、戦艦大和が待ち受ける
  7. 大和ミュージアム、パネル展示と歴史映像
  8. 大和ミュージアム、零戦、魚雷、回天、実物の兵器兵器展示
  9. 大和ミュージアム、船をつくる技術の展示、体験コーナーも多数、展望テラスから造船の町を眺める
  10. 大和ミュージアム、戦艦長門と日本海軍の企画展
  11. 呉ハイカラ食堂で海軍カレーを食す
  12. てつのくじら館、海上自衛隊呉史料館
  13. てつのくじら館で本物の潜水艦「あきしお」に進水
  14. 尾道らーめん 三公、広島駅近くで食す
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense