博多 五衛 大名店で「もつ鍋」を食す

ホテルに戻ったものの、やはり外で何か食べたいと思い、二日連続でもつ鍋を食べることに。

しかし、お目当てのお店はイベント出展のためにお店が閉まっており。

目当てのお店にいけなかったため、どうしようかと再びホテルの近場を彷徨っていたら「博多 五衛 大名店」を見つけました。

大名店と名前がついているということは、どこかで本店があると判断。支店を出すくらいであれば味は問題なかろうと判断し、入ってみることに。

中に入るとカウンターに通され。

鍋は二人前からとのこと。前日に別の場所で味噌味を食べたため、ここではポン酢を注文。1900円。

また、飲み物はビール中ジョッキ―を。550円。

お通しとしてチーズにしょうゆなどをかけたものが。これがしっくりと食べられる味に。

5分くらいでもつ鍋が到着。調理済みではなく、手前のコンロで作っていきます。ガスコンロの場所と電気コンロの場所がありましたが、今回食した時はガスコンロの場所でした。

ビールが到着。のんびり飲みつつ、もつ鍋が完了するのを待ちます。

端の方にある鍋つゆに浸っていないキャベツが焦げてきているため、それらを鍋つゆに入れ。

だんだんと泡だって来たため、少し火力を落としました。

徐々にキャベツもクタクタしてきた辺りで食し始めました。

小皿に取り、食べていきます。

味は鍋つゆについているため、そのまま食べていきます。

メニューには自家製柚子胡椒で食べるようなことが書かれていましたが、その柚子胡椒が来なかったため、鍋つゆのみで食べていきました。

味はあっさり過ぎるため、人によってはインパクトが乏しく感じるかもしれません。その場合は柚子胡椒で対応するとよいでしょう。具材はキャベツ、ニラ、もつの3種類のシンプルなもつ鍋。

すべて食べ終えたら、雑炊セットを注文。400円。自分でやるのかと思いきや、厨房で作ってくれました。

そして出来あがったものを再びコンロの場所に戻してくれます。

海苔と万能ねぎがついてきます。

まずは何も入れずに雑炊の味を堪能。お酒を飲んだ後の締めに最適です。

続いて雑炊を器に入れた後に海苔と万能ねぎを散し。

海苔により味が大きく変わります。

以上で食し終え、会計を済ませることに。全部で3150円。300円のお通し代がかかったようです。

カウンターもあるので、一人でも行くことは可能です。しかし、利用した時は一人で来ている人はいませんでした。二人前からでないともつ鍋を頼めないのもつらいところ。しかし、他のお店も二人前からのところが多いので、この辺りは居たしかたないところでしょうか。

ボリュームは前日に食した博多駅側の「おおいし」より少なめのため、なんとか女性1人でも食べきれるかもしれません。野菜も多めですので。

adsense

プラザホテルプルミエ 西鉄福岡(天神) 一人旅の旅行記

ここからは西鉄福岡(天神)の旅行記です。観光情報と宿情報を中心にお届け。

  1. プラザホテルプルミエ 西鉄福岡(天神) 一人旅
  2. 前日宿泊ホテルから歩いて次のホテルへ
  3. プラザホテルプルミエに荷物を預け、太宰府天満宮へ向けて出発
  4. 太宰府駅から太宰府天満宮へ
  5. 太宰府天満宮の入り口から本殿までをチェック
  6. 太宰府天満宮境内の周辺を探索
  7. 太宰府天満宮の「お石茶屋」で梅ヶ枝餅を食す
  8. 天開稲荷社目指して移動
  9. 天開稲荷社から下山、山登りのような場所を移動
  10. 太宰府天満宮 宝物殿の見学
  11. 太宰府天満宮の周辺を再チェック
  12. 九州国立博物館で長時間展示物を見学
  13. 太宰府天満宮の「かさの家」で梅ヶ枝餅を食す
  14. プラザホテルプルミエの部屋
  15. プラザホテルプルミエの設備
  16. 屋台で食事をしようと思ったものの断念
  17. 博多 五衛 大名店で「もつ鍋」を食す
  18. 夜食に「ひよ子」と「杉能舎 大吟醸」
  19. プラザホテルプルミエ 西鉄福岡(天神) 一人旅の費用
  20. 博多 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense