浜離宮恩賜庭園

船で浜離宮恩賜公園に到着です。

船着き場。ここから帰りの船も発船します。

地図が置いてありましたので、地図を取り、さっそく一通り見ていきます。

灯台跡。単なる小高くなった場所にしか見えません。昔は灯台があったのでしょう。

将軍お上がり場。昔は船着き場があったようです。1949年のキティ台風で崩れて海中に沈んでしまったとのこと。

見方によってはビルも見えない緑の地を体験することができます。

横堀水門。

樋の口山。

海手お手伝い橋。

横堀、潮入の池とも言われます。名前の通り、横堀水門経由で海水が入ってきます。都内にある江戸の庭園では唯一の現存する海水の池とのこと。

周囲のビルが見えてしまうのは残念。

視線を落とせば、ビルを見ずに済みます。

花。

菰巻(こもまき)。よく見かける光景なのですが、今の今まで何なのかよくわからず。

ちょうど、説明の看板があり、この菰巻によって、害虫を捕まえ、取り外して焼却処分するとのこと。冬になると、虫が寒いために地面に潜ろうとして下に降りてくるので、その際に菰巻に追い込むようです。

潮入りの池の大泉水。

富士見山。

富士見山から見た浜離宮。

お伝い橋。

鴨が池を泳いでいます。

馬場跡。

この後、中島の御茶屋で休憩をすることにしました。

adsense

浜離宮恩賜庭園 東京 一人旅の旅行記

2015年11月上旬の平日に、東京都の浜離宮恩賜庭園へ一人旅の旅行記です。

  1. 浜離宮恩賜庭園 東京 一人旅
  2. 浅草から浜離宮恩賜庭園へ船での行き方
  3. 浅草から浜離宮恩賜庭園の船の道中
  4. 浜離宮恩賜庭園
  5. 浜離宮恩賜庭園の中島の御茶屋で抹茶セット
  6. 浜離宮恩賜庭園の鴨場
  7. 浜離宮恩賜庭園 大手門、三百年の松など
  8. 浜離宮恩賜庭園 東京 一人旅の費用
  9. 東京 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense