ダイワロイネットホテル京都八条口の部屋

ホテルに到着し、まずはチェックインします。

フロントに行き、事前に予約をしていたことを伝え、そして渡された用紙に氏名や住所電話番号などの必要事項を記入。

その後、フロントの脇にある自動精算機で料金を支払います。

先に受け取ったカードを入れ、料金の案内が出るので、支払います。ここではクレジットカードも利用可能です。

料金の支払いが終わると、そのカードがカードキー代わりとして使用可能になります。

そのままカードを持って宿泊する部屋に向かいます。

エレベーターの中にはチェックアウトの手続き方法が書いてありました。チェックアウトの時は、カードを同じく自動精算機の中に入れるだけでチェックアウトは完了します。フロントで手続き等をする必要が無いのは便利です。

エレベーターを降り、部屋に向かいます。

部屋はカードキー形式になっています。

カードキーを差し込み、そして抜くと、緑色のランプが点きます。すると扉を開くことができます。失敗すると赤色のランプが点きます。

部屋に入ったら、まずはカードキーを部屋に入ってすぐの収納箇所に入れます。ここに入れることで、部屋の電気を点けることができるようになります。

部屋の様子です。

ベッド。広めのベッドです。

テーブルです。テーブルも広めです。その分、部屋全体では歩けるスペースが少なめですが。

脇にある椅子。荷物などを置くのにも適しています。

スリッパ。スリッパの脇には荷物起き用の台があります。

ハンガーと消臭剤と枕。

バスとトイレと洗面台。新しいホテルのため、奇麗です。

アメニティグッズは少なめ。

カードキー。銀色の部分に部屋番号等いろいろと書いてあります。

部屋から見た外の眺めです。どの方向を向いているのかよくわかりません。遠くに山が見えます。京都は山に囲まれているため、四方に山が見えたりします。

一通り見た後、外に出て簡単に施設をチェック。

ホテルはシンプルな作りで、主に宿泊のためだけの施設となっています。5階にコインランドリーがある程度です。

ちなみに、コインランドリーは洗濯機が200円、乾燥機が100円でした。

同じ場所に自動販売機があります。

また、2階にも別途自動販売機があり、こちらはアルコールなどがあるほか、電子レンジも置いてありました。

1階に降りてロビー周りもチェック。

ロビーにはテレビも置いてあります。

比較的ゆったりとしたロビーです。

1階には朝食会場もあります。

一通りチェックし終えた後は夕食を食べに外に出かけます。

adsense

ダイワロイネットホテル京都八条口 京都 一人旅の旅行記

ほとんどがホテル情報のみの簡単な旅行記です。

  1. ダイワロイネットホテル京都八条口 京都 一人旅
  2. 品川駅から京都駅へ、そしてダイワロイネットホテル京都八条口に
  3. ダイワロイネットホテル京都八条口の部屋
  4. 新福菜館 本店でラーメンを食す
  5. ダイワロイネットホテル京都八条口の朝食
  6. ダイワロイネットホテル京都八条口 京都 一人旅の費用
  7. 京都 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense