下鴨神社、世界遺産

下鴨神社に到着しました。

下鴨神社は通称で、正式名称は「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」と言います。

川の鴨川の下流に祭られているから、下鴨神社という通称で呼ばれているようです。

全域が世界遺産に登録されています。

上賀茂神社よりかは京都駅に近い位置にあり、比較的訪れやすい場所です。

さっそく、参道を通って中へ。この参道は正面の参道ではなく、脇の参道です。正面はまた別にあります。

手水舎。

小さな祠。こうした祠はいくつもありました。

そして鳥居。

神服殿。

神服殿を正面から。最初、神楽殿と勘違いしましたが、どうやら神様の服を作っていた場所ということで、神服殿というようです。

三井神社。奥に、いくつかの祠がこの中にあります。

ドローン飛行禁止の注意書き。この中央の女性のキャラクターがなんなのか、気になります。京都のマスコットキャラクターでしょうか。

正面の参道から入ってくる楼門。

本社に向かうための中門。

葵生殿。結婚式場としても使われるようです。挙式料は60万円。衣冠と十二単衣での婚礼が可能とのこと。

さまざまな干支の祠がある場所。自分の干支のところでお参りしましょう。ちなみに、私は自分の干支がわかりません。

そして、本殿がある場所に到着。この先に東御本宮と西御本宮があります。

中門から戻って橋殿。

御手洗川。中央の橋は通ることができません。

細殿御所。

御手洗川の通れなかったところの橋。祭事の際に使われるようです。

奥の鴨社直会殿泉聲。

アニメとのタイアップをしているようで「有頂天家族2」の看板と、パンフレットも用意してありました。オリジナルは小説で、京都を題材としているようです。

こちらは普通な顔ハメ看板。

御手洗川を見た様子。橋と細殿が見えます。足付け神事なるものがあり、この川で足を洗うと良いらしいので、他の人は誰もやっていませんでしたが、川を通り抜けて対岸に行ってみました。

比良木社(出雲井於神社)。

いったん表に出て、楼門を参道正面から。

その脇には皇族が訪れた看板があります。

敷地内の地図。

日供御料初穂献備。いくつかの団体によってお供えがしてあります。

相生社。縁結びの効果があるとか。

連理の賢木。

両方にある紐を引っ張ると縁が結ばれる、という感じだと思います。一人旅では何ら意味のないものです。

さざれ石。国家の君が代に出てくる「さざれ石」はこういった石のことです。

正面参道の手水舎。脇からの参道の手水舎と比べて大きいです。

そして、正面の鳥居。この辺りで雨が降り始めました。

少し疲れたこともあり、正面鳥居側にあった「さるや休憩所」で休むことにしました。

adsense

上賀茂神社 下鴨神社 京都 一人旅の旅行記

2017年6月下旬の平日に、京都府の上賀茂神社、下鴨神社へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 上賀茂神社 下鴨神社 京都 一人旅
  2. 崎陽軒シウマイ炒飯御弁當をグリーン車で食す
  3. 京都駅から下鴨神社、上賀茂神社へ向かうバス
  4. 下鴨神社、世界遺産
  5. 下鴨神社で申餅を食す
  6. 下鴨神社の大炊殿を見学
  7. 下鴨神社から上賀茂神社へバスで移動
  8. 上賀茂神社、世界遺産
  9. 上賀茂神社の敷地内の散策
  10. とり八、京都駅近郊で食事
  11. 水無月のういろう、五建ういろを食す
  12. 東本願寺の晨朝、朝のおつとめ
  13. 西陣魚新の弁当を食す
  14. 上賀茂神社 下賀茂神社 京都 一人旅の費用
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense