「おはらい通り」と「おかげ横丁」をぶらぶらと

赤福でぜんざいを食べた後は、おはらい通りをそのまま進んでいきます。

さまざまなお店が立ち並びます。

松阪牛を用いた牛丼を販売しているお店も。

また、ステーキ丼などもあります。

この辺りを見た時に、今回の昼食はこっちにすればよかったと後悔をしはじめ。先にこのおはらい通りに来ていればと、事前調査をしてこなかったことを悔いました。

悔やみつつも先にどんどん進んでいきます。

途中、道から離れて橋の方に行き、川を眺めます。

その橋の近くに、再び赤福が。

実は、こちらの赤福が本店とのことで。

これもまたミスをした感じです。どうせなら本店で食べればよかったと、これまた後悔。

後悔するくらいなら下調べをしっかりすべきなのですが、今回はそうした時間が無かったため、いたしかたなし。

この赤福本店辺りから、おかげ横丁に行くことが出来ます。

ちょっと古めの面持ちのある横丁になっています。物を売るということだけでなく、楽しませる要素もあります。

そして、この横丁を抜けていくと大通りに出て、少し離れたところに「神宮会館前」バス乗り場があります。

バスは30分に1本ペースで到着。

ここから駅に戻ることにしました。

もし、先に「おかげ横丁」や「おはらい通り」を先に見たい場合は、このバス乗り場で降りると、すぐにおかげ横丁等を見学できます。

お腹が空いている人は、ここで降り、横丁を通って食事を済ませ、それから内宮に行くとよいでしょう。

adsense

名古屋ビーズホテル 名古屋 一人旅の旅行記

前日宿泊したホテルから名古屋ビーズホテルに荷物を預け、その後、伊勢神宮を目指し、見終わったら再びホテルに戻っています。その旅行記です。

  1. 名古屋ビーズホテル 名古屋 一人旅
  2. 名古屋ビーズホテルに荷物を預けに移動、そして名古屋駅へ
  3. 近鉄名古屋駅から宇治山田駅に
  4. 宇治山田駅から伊勢神宮へ
  5. 伊勢神宮前の店の名前のわからないところで牛丼を食す
  6. 伊勢神宮内宮へ
  7. 赤福で「赤福ぜんざい」を食す
  8. 「おはらい通り」と「おかげ横丁」をぶらぶらと
  9. 伊勢神宮 外宮に移動
  10. 伊勢神宮の外宮から名古屋まで移動
  11. 名古屋ビーズホテルの部屋
  12. 名古屋ビーズホテルの設備
  13. おぼろ月夜 名古屋名物を食す
  14. 名古屋ビーズホテルの朝食
  15. 名古屋ビーズホテル 名古屋 一人旅の費用
  16. 名古屋 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense