熱海城へ

熱海城は実在していた城ではなく、まったく新たに作られたお城です。

立地としては、確かに城があってもおかしくないところにあり、昔の武将達がここに城を建てたかったのでは、というお話も案内板に書いてあります。

実在していた城ではなく、昭和34年に建てられたもののため、歴史的価値は薄いものの、せっかくですので訪れてみました。

入口もいかにも観光地らしい装飾です。

脇には社も。

入ってすぐ左側にスタッフがいますので、入場料を払います。ロープウェイのチケットも見せたら、900円が800円と100円引きになりました。

入ってすぐの場所に金の鯱鉾が。これは上に乗ることができ、記念撮影も可能です。口の上辺りに取っ手があるのがポイントです。

なぜかマッサージチェア。

1階には武具防具の展示があります。

刀。

銃。

槍。

1階には外に出られるところもあり、周囲の景色も楽しめます。

遠くに初島が。

足湯ができる場所もあります。さすがにこの日は寒かったため、浸かりませんでしたが。景色を眺めつつゆっくりすることも出来ます。

昔の遊びが体験できるコーナーも。無料で楽しめます。

けん玉やヨーヨー、だるま落とし、コマなど。

1階には他にもお土産物売り場があります。

1階を見終わったら見終わったら、エレベータで6階まで進みます。

6階は展望台になっています。

外に出て、周囲を見渡すことができます。

熱海城からさらに山の方も。

街並みです。下の方で見た街並みと、また変わったイメージで楽しめます。

熱海城の脇に併設されている食事処も。

6階は展望台だけでなく、休憩所でもあります。甘味も味わうことができます。

5階へ移動。5階は体験コーナーです。あまり広くはありませんが、いくつかの体験が可能です。衣装も用意されているため、着替えることもできます。

肥え桶を担ぐことができます。もちろん、中身は入っていません。

籠の中に入ってみることも。

千両箱があり、その重さも体験可能です。全体で14kgとのこと。

続いて4階へ。なぜかクイズのパネルが展示されていました。絵を見て、何であるかを当てていきます。下のパネルをめくると回答が書いてあります。

3階は存在せず、続いて2階に。

2階には日本全国にある城の絵や、マッチ棒で作った城の展示などがあります。

他にも塔の模型など。

日本城郭資料館もあり、城に関する知識を得ることができます。

一通り見終え、地下1階に。

パネル展示があり、浮世絵などが並んでいます。多少特殊で、顔を形作っているのは人の姿で、奇怪に感じます。人によっては拒否反応を示すかもしれません。

また、浮世絵秘宝館もあり、こちらは18歳未満入場禁止となっています。昔のエッチな浮世絵が展示されています。有名な葛飾北斎も、この手の絵を描いていたことが印象的です。しかも、他の直接的な表現とはまた異なるのが、才能の違いを見せつけられました。

地下1階には他にも遊ぶスペースが。卓球場やエアホッケーなど。道具はフロントで借りてくるようです。

他にもゲーム機があり、バスケットのポイントを競うゲームがあったり、吹き矢、ダーツ、野球ゲーム、ビデオゲームなどなど。ここが城の中かと疑うくらい、よくわからないラインナップです。いずれも無料で楽しめます。それこそ、ここでゲームをいろいろプレイすれば、入場料の元は十分取れる気がします。もっとも、ゲーム自体は古い物が多いため、最新の物を期待するとがっかりするかもしれませんが。

一人でも十分楽しめたりします。

一通り見終え、外に出ることに。1時間10分ほどの滞在でした。

続けて熱海城の脇にある広場に移動。

ヒルトップテラスという食事処がありますが、駅前で食事をする予定を立てていたため、立ち寄らず。数人、お客がいました。

そして、駅前に向けて移動開始です。

adsense

熱海温泉 月の栖 熱海聚楽ホテル 一人旅の旅行記

前日の『伊東温泉 星野リゾート アンジン 一人旅』からの続きとなります。伊東駅を出発するところからの旅行記です。

  1. 熱海温泉 月の栖 熱海聚楽ホテル 一人旅
  2. 伊東温泉から熱海温泉へ、JR伊東線で移動
  3. 藍花(熱海)で白玉クリームあんみつを食す
  4. 月の栖 熱海聚楽ホテルでチェックイン
  5. 月の栖 熱海聚楽ホテルの部屋
  6. 月の栖 熱海聚楽ホテルの露天風呂、大浴場
  7. 月の栖 熱海聚楽ホテルの夕食
  8. 月の栖 熱海聚楽ホテルの朝食
  9. 熱海城目指して移動開始
  10. アタミロープウェイで熱海城を目指す
  11. 熱海城へ
  12. アタミロープウェイから熱海駅前へ移動
  13. 熱海 祇園で昼食
  14. 熱海駅から東京へ
  15. 熱海温泉 月の栖 熱海聚楽ホテル 一人旅の費用
  16. 熱海 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense