別所地獄めぐり、7ヶ所のうち、離れの2ヶ所、行き方など

温泉

別所地獄めぐりの7ヶ所のうち、2ヶ所はすこし離れた場所にあります。

このため、バスで再度移動です。

到着時と同じバス停から「血の池・龍巻地獄」行きのバスに乗ります。

他にも、循環バス「ぐるっと」でも行けるようです。循環バスの場合は方向だけ注意しましょう。

運賃は190円。

到着後は、徒歩ですぐです。

まずはバス停から近くにあった「血の池地獄」から。

先に売店を通り抜ける形で奥へ。

そして、血の池地獄。

足湯も別途併設されています。

池の中の色が赤みがかっているのが特徴。

だが、真上から見ると、底も見えたりします。

脇に階段があったので、登ってみることに。

高所から見た地の池地獄。高所と言っても、そこまで高くはありません。

この場所は1ヶ所の池しか見る場所がありませんでしたので、続いてもう一つの地獄へ。

次はやや下り坂を歩いて3分で到着の「龍巻地獄」(たつまきじごく)。

ここの特徴は、間欠泉(かんけつせん)。

この龍巻地獄の間欠泉は、30分から40分休んだ後に、6分から10分間、継続してお湯が出てくるとのこと。温度は高く、105度。

ちょうど、出たばかりのようなので、長時間、待つことに。

段差のある石段から、眺めることになります。

段差を登った先に行っても特に何もなし。

戻って間欠泉の周りをチェック。

間欠泉から出たお湯がこの場所に溜まります。

時間になったら間欠泉が出てきました。

最初は全員、遠めにある椅子から眺め、途中から多くの人が近くによって撮影等をしていました。

吹きあがらないように、途中で岩でブロックしています。

手前側に柵があり、入ることはできません。池の温度は80度とのこと。

いろいろな角度で間欠泉を眺めつつ。

徐々にお湯の出る量が減っていき。

最後、終了となりました。

訪れたタイミングが運が良ければすぐに見られますが、そうでない場合は30分以上待たされることもあるため、時間に余裕がある場合に訪れた方がよさそうです。

最後にバスに乗って帰ります。

一度、鉄輪に戻ってからでも良いのですが、巡回バス「ぐるっと」が通るため、それに乗って今回の宿泊先の側のバス停「京町」へ。390円。30分ほどかかりました。

別府温泉 大分県 一人旅の旅行記

2019年10月下旬の平日に、大分県の別府温泉へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 別府温泉 大分県 一人旅
  2. 東京の羽田空港から大分、別府温泉への行き方
  3. ステーキそむり 別府本店 豊後牛を堪能
  4. 別府駅から別所地獄めぐりへの場所への行き方
  5. 別所地獄めぐり、7ヶ所のうち、近場の5ヶ所を巡る
  6. 別所地獄めぐり、7ヶ所のうち、離れの2ヶ所、行き方など
  7. 匠晴の宿 心庵の部屋、別府温泉
  8. 別府たつのや、関サバ、関アジ他、料理を堪能する
  9. 別府タワー、竹瓦温泉、駅前高等温泉を眺める
  10. 別府駅から大分駅への行き方、セブンスター、ななつ星in九州を発見
タイトルとURLをコピーしました