仁和寺を観光

JRバスで御堂仁和寺で降り、そして仁和寺に入ります。仁和寺は「にんなじ」と読みます。

入る前にバス停でどれくらいのペースでバスが来るのかを確認。20分に1回くらいのペースで到着するようです。

入口には仁王像(ニ王像)が立っています。

仁和寺は、寺の中を歩き回る分には無料ですが、御殿庭園に入るには拝観料がかかります。大人は500円です。受付で料金を払い、先に御殿庭園の中に入りました。

拝観時間は9時から17時までのようです。時期により変化があるかもしれません。

拝観に関する注意もあります。

寺の説明や世界遺産に登録された証明書なども展示。

また、漫画家の青木琴美さんの作品「僕の初恋をキミに捧ぐ」に関係したイラストも展示。作品中に出てくるお寺が、この仁和寺のようです。なお「僕の初恋をキミに捧ぐ」は「僕は妹に恋をする」の関連作品です。「僕は妹に恋をする」はドラマ映画化されたり、アニメ化されたりしていますので、ご存じの方もいるかもしれません。

展示物があるゾーンを抜けると、お庭につきます。庭に降りることはできませんが、縁側から庭を眺めることができます。

部屋の中には入ることができませんが、空いていることもあり、中を窺うことは可能です。

庭は石庭になっており、縁側に座りながら石庭を堪能することができます。過ごしやすい季節でしたら、ここで座りながら一時を過ごすのもお薦めです。

この後も縁側を歩きつつ、見られるところを一通りチェック。池などもあり、涼しむこともできます。

一通りチェックしたら、御殿庭園から出て、別のエリアをチェックします。

仁和寺自体、かなり広いため、見るのも一苦労です。

中門を通り、先に進みます。

五重塔などもあります。

ところどころにアジサイが咲いていました。季節によっては桜も堪能できるようです。

一通り見終え、入ってきた入口のニ王門とは別の東門から先に進みます。

adsense

京都センチュリーホテル 京都一人旅の旅行記

ここからは当日訪れた場所などを中心に紹介していきます。京都旅行の参考にしていただけたら幸いです。

  1. 京都センチュリーホテル 京都 一人旅
  2. 東京駅から京都に移動
  3. 京都駅から京都センチュリーホテルへ
  4. 京都センチュリーホテルに荷物を預け、観光開始
  5. 仁和寺を観光
  6. 龍安寺を観光
  7. 龍安寺の西源院で湯どうふを食する
  8. 龍安寺から歩いて金閣寺へ
  9. 金閣寺を観光
  10. 金閣寺からバス乗り場に行き、そして京都駅へ
  11. 京都センチュリーホテルの部屋
  12. 夕食は伊勢丹で購入し、部屋食に
  13. 朝食は京都センチュリーホテル「京料理 嵐亭」
  14. 京都センチュリーホテルを出て新都ホテルへ移動
  15. 京都センチュリーホテル 京都一人旅にかかった費用
  16. 京都 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense