道頓堀くくる たこ焼を購入し、食す

お好み焼きを食べて早々、「京阪シティモール」内の地下の食料品売り場を目指します。

お目当ては夜食としてのビールと、そしてたこ焼です。

たこ焼は、「道頓堀くくる」というお店が中にあるため、そこで買っていくことに。

本来なら、もっと遅めの時間に買いたいのですが、閉まる時間が早めのため、夕食後にすぐではありますが、たこ焼を購入しました。

メニューを見て「たこ焼 8個」483円と「名物 明石焼」525円を選択。

部屋で食べたいため、持ち帰りで注文。

併設されたテーブルもあるため、その場で食べることもできます。しかし、場所は食料品売り場の傍で、区切られたエリアでもないため、少々周りが騒がしいです。そうした場所で一人食べるのが苦手な方は、持ち帰りをお薦めします。

明石焼は注文を受けてから作るということで、5分ほど待ちました。

そしてお会計1008円を済ませ、部屋に戻ります。

部屋に戻ってさっそく封を切り、たこ焼とご対面。

カロリーを考え、マヨネーズは無しにしてもらいました。

お店の特徴としてふっくらした感じとのことでしたが、まさにその通り。外側もパリパリした感じではなく、程よい柔らかさです。

続いて明石焼。こちらは別途ついているスープを器に入れ、そこに明石焼をつけて食べていきます。

このスープが冷蔵庫に入っていたからかかなり冷たく。この点は残念なところ。

ふんわり感はたこ焼以上で、時折中のタコがこぼれ落ちるなどしましたが、美味しく食べました。

さすがにお好み焼きを食べた後なので、全部を食べきるのは厳しかったですが。

これでこの日の予定は終え、のんびりテレビでも見て過ごし、就寝。

adsense

大阪キャッスルホテル 大阪 一人旅の旅行記

大阪の旅行記です。城と食中心の旅行記になっています。

  1. 大阪キャッスルホテル 大阪 一人旅
  2. 東京駅から新大阪駅へ、そして大阪駅へ
  3. 神戸串乃家 大丸梅田店で昼食
  4. 大阪駅周辺から大阪キャッスルホテルへ移動
  5. 天満橋駅から大阪城へ天守閣近辺まで
  6. 大阪城天守閣を見学
  7. 大阪城天守閣を出て、周辺を散策、豊國神社など
  8. 西ノ丸庭園からの眺め
  9. 大阪城から京橋口を見つつ大坂キャッスルホテルへ
  10. 大阪キャッスルホテルの部屋
  11. 風の街ROUGE(ルージュ) 天満橋店でお好み焼きを食す
  12. 道頓堀くくる たこ焼を購入し、食す
  13. 大阪キャッスルホテルの朝食
  14. たこ昌 新大阪駅店で昼食
  15. 大阪キャッスルホテル 大阪 一人旅の費用
  16. 大阪 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense