嵯峨嵐山駅から渡月橋を通り、京都 嵐山温泉 花伝抄へ

嵯峨嵐山駅に到着。

すぐ脇にはトロッコ嵯峨駅があります。トロッコ列車で有名です。今回、利用してみようとは思いましたが時間が合わずに断念。また機会を作って訪れてみたいものです。

改札方面へ向かいます。案内板がデカデカとあるため、わかりやすいです。

本日宿泊する「京都 嵐山温泉
花伝抄」は、嵯峨嵐山駅から離れた位置にあります。まずは、中間点の「渡月橋(とげつきょう)」を目指して進みます。

スマートフォンの地図が大変役に立ちます。昔であれば、必ず迷っていたかのような場所でした。

外に出てすぐに目に入ったのがトロッコ嵯峨駅。

振り返るとJR嵯峨嵐山駅。

商店街エリアを歩いていきます。

途中に荷物の預り所も。

地図を見ながら進み、天龍寺というお寺の前に到着。

そして渡月橋の方に向かって歩きます。このあたりはお店も立ち並んでいるため、土産の購入や食事などにも適しています。

天龍寺の別の入り口。石碑の存在感があります。

そして開けた位置に渡月橋を発見。

桂川にかかる橋で、周囲の景色が魅力的。紅葉の季節などはさらに違った姿を拝めるでしょう。

歩道は狭いのですが、そこを進みます。一人で通る分には十分ですが、観光客が多く、また、修学旅行で訪れる団体も多いため、狭く感じることもあります。

車道はたびたび観光バスや地域のバスが通りかかり、圧迫感があります。

渡月橋を渡った先には嵐山公園が。

のんびりと過ごせそうな場所です。

売店などもありますので、買い食いもできます。

渡月橋の先には渡月小橋。

渡月橋を渡り終えると、旅館などが並んでいるほか、あとは普通の住宅街のような場所になります。

道なりに進んでいくことで、阪急嵐山駅に到着。

JR嵯峨嵐山駅とは場所が離れていおり、また、京都駅からのアクセスは途中で乗り換えがあるなど、不便だったため、JR嵯峨嵐山駅から歩いてきました。

この阪急嵐山駅の目の前に、今回宿泊する「京都 嵐山温泉 花伝抄」があります。

「京都 嵐山温泉 花伝抄」の外観。

入り口から中に入ります。

小道を進み。

無事「京都 嵐山温泉 花伝抄」に到着。

adsense

嵐山 京都 一人旅の旅行記

京都の嵐山の一人旅の旅行記です。前日『ホテル近鉄京都駅 京都 一人旅』からの続きです。

  1. 嵐山 京都 一人旅
  2. 京都駅から嵯峨嵐山駅へ移動
  3. 嵯峨嵐山駅から渡月橋を通り、京都 嵐山温泉 花伝抄へ
  4. 京都 嵐山温泉 花伝抄の部屋
  5. 京都 嵐山温泉 花伝抄の嵐山温泉、貸切風呂
  6. 京都 嵐山温泉 花伝抄の夕食
  7. 京都 嵐山温泉 花伝抄の夜鳴きそば
  8. 京都 嵐山温泉 花伝抄の朝食
  9. 阪急嵐山駅から観光開始、渡月橋を通る
  10. 渡月橋から天龍寺へ
  11. 天龍寺 庭園
  12. 嵐山の竹林
  13. 大河内山荘庭園
  14. トロッコ嵐山駅を抜け御髪神社
  15. 常寂光寺
  16. 二尊院
  17. 祇王寺
  18. 滝口寺
  19. 野宮神社
  20. 渡月橋を最後にもう一度渡る
  21. 阪急嵐山駅前から京都駅へバスで移動
  22. 胡蝶庵「すき焼き弁当」
  23. 嵐山 京都 一人旅の費用
  24. 京都 嵐山 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense