祇王寺

二尊院から出て道なりに先に進みます。

普通の住宅街を進みます。ところどころにお土産物屋や飲食が可能な場所が見えます。

昼時なので何か食べたいと思いつつ、疲れてきたのでとっとと見るところを見たいとの思いもあり、食べずに先に進みます。

そして祇王寺(ぎおうじ)という場所に到着。ガイドブックなどで載っている場所なので、来てみました。

祇王寺の看板があるところからさらに普通の道を進みます。

祇王寺、と書いてあるものの、どこから入るのかわからず。

大きな門があるのですが、祇王寺とは別の檀林寺というお寺でした。こちらも入ってみたかったのですが、今回は疲れていたので断念。

檀林寺の裏手側。

何やらお店があります。お土産物売り場のよです。人の会話を聞いていると、どうやら比較的新しいらしく、その人たちは以前はなったよね、みたいな会話をしていました。

檀林寺の左手を進むと、祇王寺があります。

入り口。大覚寺と祇王寺の共通割引券もあるとのことです。ただ、疲れていたので大覚寺の方に行かないため、通常の拝観料を支払うことにしました。

祇王寺の中の方に入ります。 

祇王寺の由来。平家に絡む場所で、NHKで放送されたドラマなどの影響で平家が脚光を浴びた関係で、この場所も注目されたようです。平家物語にも記載があります。

道なりに進んでいきます。

さらに進むと門が見えます。

中に受付があり、ここで拝観料を支払い。300円。

仕切られたエリアの中へ。

ルートは決められていますので、その通りに移動します。

全体的にお寺というよりかは庭園のイメージです。木々が多く、しっとりとした雰囲気。夏手前の蒸し暑い季節でしたが、ひんやりと感じられます。

咲いていた花。

見事な苔の庭。

双葉葵(ふたばあおい)。

徳川家の紋は、この双葉葵を参考にしたのでは、とも言われています。

さまざまな苔を展示。苔というと一種類かと思っていましたら、よく見るとさまざまな形の苔があるとのこと。

そして建物。中は撮影禁止でした。

中では平家に絡む人物の仏像があるほか、この寺の由来を説明する声が流れます。ボタンを押すと案内がスタート。

また、奥には吉野窓という柵におおわれた窓があります。影が虹の色に見えるそうで、虹の窓とも呼ばれているようです。

歩き疲れたので、この中で案内音声を聞きつつ10分ほど休憩。庭を眺めつつ、ゆったりとした時間を過ごします。

そして最後にお墓をチェック。先に案内音声を聞いていたため、このお墓の意味も把握できました。

これで祇王寺の観光は終了。約20分の滞在でした。内、10分は休憩に使ったので、動き回ったのは10分程度。敷地自体は狭いため、ゆっくりと自然を堪能して過ごしたいものです。

adsense

嵐山 京都 一人旅の旅行記

京都の嵐山の一人旅の旅行記です。前日『ホテル近鉄京都駅 京都 一人旅』からの続きです。

  1. 嵐山 京都 一人旅
  2. 京都駅から嵯峨嵐山駅へ移動
  3. 嵯峨嵐山駅から渡月橋を通り、京都 嵐山温泉 花伝抄へ
  4. 京都 嵐山温泉 花伝抄の部屋
  5. 京都 嵐山温泉 花伝抄の嵐山温泉、貸切風呂
  6. 京都 嵐山温泉 花伝抄の夕食
  7. 京都 嵐山温泉 花伝抄の夜鳴きそば
  8. 京都 嵐山温泉 花伝抄の朝食
  9. 阪急嵐山駅から観光開始、渡月橋を通る
  10. 渡月橋から天龍寺へ
  11. 天龍寺 庭園
  12. 嵐山の竹林
  13. 大河内山荘庭園
  14. トロッコ嵐山駅を抜け御髪神社
  15. 常寂光寺
  16. 二尊院
  17. 祇王寺
  18. 滝口寺
  19. 野宮神社
  20. 渡月橋を最後にもう一度渡る
  21. 阪急嵐山駅前から京都駅へバスで移動
  22. 胡蝶庵「すき焼き弁当」
  23. 嵐山 京都 一人旅の費用
  24. 京都 嵐山 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense