四海樓「ちゃんぽん」を食す

長崎と言えば「ちゃんぽん」や「皿うどん」などが有名です。

ですので、昼食は「ちゃんぽん」を食べることに。

宿泊予定の「ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル」の目の前に大きな建物があり、そこが「ちゃんぽん」発祥のお店と言われる「四海樓(しかいろう)」。

反対側から見た「四海樓」。

今回はここで昼食を取ることにしました。

開店時間は11時30分で、11時20分からお店に人を入れるようです。

それまで暇でしたので、1階にあるお店を軽く覗きます。

周辺にも中国らしいイメージの龍の彫り物がいたるところに。

レストランスペースは5階のみで、3階と4階は団体向けの予約スペースになっています。

5階に行くにはエレベーターで上がっていく必要があります。

2階まで階段に登って上がる方法と、1階の階段裏手にあるエレベーターを利用する方法の2通りがあります。

階段の裏手のベンチで待っているとエレベーターの場所を開けてくれるので、時間になって乗り込みます。

先客は1名のみでした。窓際の席に案内され、さっそく注文をします。

店内は一人用のテーブルやカウンターなどはありませんが、一人の客も他にも何人か見受けられました。

注文したのは「ちゃんぽん」972円と「ハトシ」378円。ハトシは春巻みたいな食べ物で、中が餃子のようになっており、パンで挟んであるようです。

窓から見た外の眺め。遠くに稲佐山の展望台も見えます。

しばらくしたら「ちゃんぽん」が到着。具材の上に錦糸卵を乗せているのが特徴です。

そして「ハトシ」。

「ハトシ」にかけるソース。餃子のタレです。

特にすごい味だということはないのですが、「ちゃんぽん」発祥の地ということですので、一度は食べてみるのも良いと思います。

開店と同時に入ったので人はほとんどいませんでしたが、続々と人が入ってきました。そして、すぐに満席状態に。満席後は、名簿に名前を記入して待つ必要があります。

入口近くで会計を済ませ、お店を後に。

その後、2階に行き、「ちゃんぽんミュージアム」を見学。

展示物は限られますが、「ちゃんぽん」発祥の地として歴史などが紹介されています。

adsense

グラバー園 世界遺産 長崎 一人旅の旅行記

2泊3日の長崎一人旅の1日目の旅行記。主に世界遺産に登録される予定の場所を訪れています。

  1. グラバー園 世界遺産 長崎 一人旅
  2. 羽田空港から長崎空港へ、ラウンジで朝食
  3. 長崎空港からバスで長崎市内へ
  4. 長崎市内からグラバー園周辺へ移動
  5. 四海樓「ちゃんぽん」を食す
  6. 大浦天主堂 世界遺産候補
  7. グラバー園 世界遺産 前編
  8. グラバー園 世界遺産 後編
  9. ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒルの部屋
  10. 長崎市内を散策
  11. 卓袱料理「長崎卓袱浜勝」で食す
  12. 長崎 稲佐山で夜景を見るための移動方法
  13. 長崎 稲佐山からの夜景 日本三大夜景、世界新三大夜景
  14. ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒルの朝食
  15. グラバー園 世界遺産 長崎 一人旅の費用
  16. 長崎 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense