尊仏山荘で休憩

疲れていたこともあり、まずは山荘で休憩させてもらおうと思い、尊仏山荘に向かいます。塔ノ岳山頂の奥の方に存在します。

山荘というと宿泊をしなければいけないような気もするかもしれませんが、休憩も可能です。

休憩料金が300円取られますが、何かしらの注文をすれば、休憩料金を取られることはありません。

メニューはいろいろとあります。価格は高いものの、山頂という場所を考えると物の運搬なども大変なため、いたしかたないところです。

そして注文したのはビール、カップラーメンを。

疲れて、そして飲み物も尽きかけていたため、ビールが美味しく感じます。

また、途中で食べ物を食べなかったため、普段何気なく食べているカップラーメンもいつも以上に美味しく思えました。特に、外は雨が降っていることもあり、夏でもやや肌寒く感じる状況でしたので、なおさら美味しく感じます。

休憩も含め、30分ほど滞在し、帰りの飲料水も購入し、出発することに。出発前には外のトイレを利用しました。

料金は50円でしたが、50円玉が無く、100円を投入。

トイレも済ませ、荷物を再確認して、尊仏山荘から出発です。

今まで登ってきたところの山荘や茶屋が軒並み開いている様子が無かったので、ここが開いていて本当によかったです。

山荘内の休憩所には訪れる人も結構多く、一人の方もいました。

雑談している人もいますが、淡々と座っている人もいますので、一人でも気楽に訪れましょう。

adsense

塔ノ岳一人旅の旅行記

塔ノ岳登山の旅行記です。

ほぼ登山のみとなります。また、頂上の方では雨が降っていたため、展望の良い写真もありません。

天気が良いと富士山や周りの山を一望できる場所でもありますので、天気を見計らって訪れてはどうでしょうか。

  1. 塔ノ岳 一人旅
  2. 塔ノ岳 登山の装備
  3. 新宿から渋沢へ小田急線で移動
  4. 渋沢駅バス停から大倉バス停へ移動、登山者カード提出など
  5. 大倉バス停到着、周辺をチェック
  6. 塔ノ岳山頂に向けて出発、見晴茶屋まで移動
  7. 見晴茶屋でトイレ休憩、そして鹿と対面
  8. 一本松を経由し、駒止茶屋まで移動
  9. 堀山の家まで移動
  10. 天神尾根分岐へ向け移動
  11. 雨が降り出したものの、そのまま登山続行、花山山荘に到着
  12. 金冷しを経由して、塔ノ岳山頂に到着
  13. 尊仏山荘で休憩
  14. 塔ノ岳山頂の様子
  15. 雨の中、塔ノ岳から下山開始
  16. 大倉高原山の家を目指し、分岐ルートで別ルート選択
  17. 塔ノ岳を下山、本日の登山終了
  18. 大倉バス停近くの「どんぐりハウス」で休憩し、帰宅
  19. 塔ノ岳 神奈川県へ一人旅にかかった費用
  20. 塔ノ岳 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense