ホテル華翠苑の夕食

夕食は3階の大広間での食事でした。食券を忘れずに持参します。

かなり広々とした場所での食事です。

すでにテーブルにはある程度の料理が並べられており。

まずは飲み物を注文。生ビール中788円を注文。

食前酒の緑茶豆乳酒。さしたる癖もないので飲みやすいかと思います。

焼物や揚げものなど、上から木の芽、鶏肉、タケノコ。鶏肉とタケノコの間には桜味噌が塗ってあります。

桜花ピスタチオゼリー。上に桜をあしらったゼリーが、下はピスタチオを用いたプリンのような食感。先に出されるよりかはデザートとして食べたい一品。

また、木の芽和え。木の芽は山椒の若葉の事。なので、一気に食べるとせき込みます。

お魚のお造り。ヒラマサ、ボタンエビ、カジキ、水イカ。

そして温かい料理。お椀の下から磯辺ごま豆腐べっ甲餡、豚の角煮、レンコン、菜の花。温かい料理なので、お腹が落ち着きます。

茶碗蒸し。ふかひれ(鱶鰭)が入っています。

そして天ぷら。ふぐの天ぷらです。身だけでなく、白子などもあります。たらの芽もあります。梅塩をかけて食べます。身の部分は骨がたくさんありますので、うまく骨を口の中で除きつつ、食べていきます。調理場が近くにあるので、アツアツの状態で出てきます。

そして焼き肉。お肉は佐賀牛のプランを申し込んでいるため、佐賀牛。火をつけてもらったら土鍋の上にバターを置き、そして野菜とお肉を置いて行きます。

うまく焼けたら食していきます。焼き肉のタレがありますので、それを使いましょう。また、先に使った梅塩を活用するのもよいでしょう。

鯛のカルパッチョ。鯛の他に生野菜やコラーゲンなどが散りばめられています。土佐酢を用いて味付け。さほど酢の強さが無いため、酢がよほど苦手というのでなければ美味しくいただけるかと。一番下にオレンジが敷かれていますが、これは無理に食べる必要はないと思われます。風味付けかと。食べようとすると、手を汚したり口元を大きく汚したりすることになります。

一通り食べ終えたら、締めのご飯と腕物、そして漬物。

最後にデザートの嬉野茶ップリンです。そこまで茶の匂いが強いわけでもないため、お茶がよほど苦手でなければ美味しくいただけるかと。

以上で食事は終了です。

大広間で食べるため、一人旅の場合は抵抗があるかもしれません。ただ、今回も2人くらいは一人旅らしき人がおり、一人分だけ食事の準備がされているテーブルもありました。

お仲間がいることもありますので、あまり一人であることに抵抗感を感じず、食を味わっていただけたらと思います。

食べ終えたら部屋に戻り、そして眠くなった後に寝ました。

adsense

ホテル華翠苑 嬉野温泉 一人旅の旅行記

前日の博多からの旅行記です。最初に博多で博多ラーメンを食べ、それから嬉野温泉に移動しています。主に食と旅館に関する旅行記です。

  1. ホテル華翠苑 嬉野温泉 一人旅
  2. まずは地下鉄空港線の天神駅から博多駅へ
  3. 博多ラーメンちょうてんを食す
  4. 博多駅から武雄温泉駅へ
  5. 武雄温泉からバスで嬉野温泉に、そして宿泊先へ
  6. ホテル華翠苑の部屋
  7. ホテル華翠苑の設備、露天風呂など
  8. ホテル華翠苑の夕食
  9. ホテル華翠苑の朝食
  10. 嬉野温泉から武雄温泉駅へ
  11. ホテル華翠苑 嬉野温泉 一人旅の費用
  12. 嬉野温泉 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense