兼六園 桂坂口から中に

兼六園は日本三名園の一つです。他は水戸市の偕楽園、岡山市の後楽園。

兼六園は入口が複数ありますが、金沢城の石川門からは桂坂口が一番近いので、そちらから入ります。

入園料がかかります。基本は大人300円。ただし、金沢城の五十間長屋とのセット料金は500円です。すでに五十間長屋の入り口でセット料金を支払ったため、入場券を受け付けに渡すだけで入場が出来ました。入場時にはパンフレットをもらえます。

パンフレットには敷地内の案内図が書いてあるので、それを参考に見て回ります。

注意書きがあります。

開園時間等の説明もあります。朝早くから運営しているため、近場のホテルで宿をとり、朝に訪れるというのもよいと思います。

坂を登って行くと、兼六園の中に入れます。

ぶらりと園内を散策。

途中に土産物売り場などもあります。

説明が書かれた看板もあります。

木にロープが垂らされているのは、雪で木が折れないようにするための補強のためです。訪れた日は雪がありませんでしたが、北陸ですので冬場は雪が結構降ります。

虹橋。奥には池が広々とあります。霞ヶ池です。

池の方はまた来るとして、まずは外周をぐるりと見ていきます。途中に眺望台という場所が。しかし、天気がよくなかったので、いまいちよく見えず。

ずんずんと先に進みます。

トイレもところどころにあります。

山崎山と呼ばれる高台です。

上った先では休憩が出来ます。

園内の一部を上から眺めることができます。さほど高くないので見られる範囲は限定的です。

ずんずんと歩いていきます。

兼六園の近くにはさまざまな施設もあります。時間があればこうした施設も回りたかったのですが、時間が無かったので、兼六園の中を引き続き歩いて行きます。

中央の方に進む花見橋。

と、ここで雨が降り始め。

水面に雨粒が当たっている様子が窺えます。

adsense

天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢 金沢 一人旅の旅行記

旅は『ゆけむりの宿 美湾荘 和倉温泉 一人旅』からの続きで、和倉温泉駅から出発しています。

  1. 天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢 金沢 一人旅
  2. 和倉温泉駅から金沢駅へ向けて出発
  3. 金沢駅周辺をチェック、喫茶店を探す
  4. 天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢へ荷物を預けに移動
  5. 蕎麦やまぎしで粗挽き田舎そばを食す
  6. 金沢城公園に到着
  7. 金沢城跡を見学
  8. 金沢城 五十間長屋を見学
  9. 金沢城 河北門など
  10. 金沢城 石川門を抜け、兼六園へ
  11. 兼六園 桂坂口から中に
  12. 寒い中、兼六園を引き続きチェック
  13. 兼六園からバスで金沢駅に、そしてホテルへ
  14. 天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢の部屋
  15. 黒百合で金沢おでんを食す
  16. 天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢の設備
  17. 天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢の設備、大浴場
  18. 魚菜屋で金沢での朝食を
  19. 天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢 一人旅の費用にかかった費用
  20. 金沢 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense