蕎麦やまぎしで粗挽き田舎そばを食す

ホテルを出てからは、兼六園方面に歩いて行きます。

途中までは大きな道路に沿って進むだけですので、比較的分かりやすいです。

その道中から少し道をそれて、とあるそば屋を目指します。

そば屋の名前は「蕎麦やまぎし」です。ネットで評判良かったようなので行ってみることに。

ちょっと裏路地に入らないと見つからない場所なので、ややもすると見逃してしまいがちですが、事前にパソコンのマップ画面をデジカメで撮影し、慎重に移動。

無事、お店を見つけることができました。

さっそくお店に入ると、自動券売機があるので、そこでお好みの蕎麦のチケットを購入。主に白蕎麦、田舎蕎麦、粗挽き入り田舎蕎麦の3種類。それぞれ大盛りがあります。

選んだものは粗挽き入り田舎蕎麦の普通盛りを選択。700円でした。

比較的愛想の良い主人と、その奥さんと思われる人が営んでいます。挨拶をしてくるので、挨拶をしかえしましょう。

チケットを渡し、あとは待つだけです。

先にお茶と蕎麦を揚げたものと思われるものが出されます。この揚げ蕎麦はカリカリとした食感でお菓子感覚で食べられます。お酒のつまみにも最適です。

お茶はそば茶だったと思います。

カウンターが数席と、後は数人が座れる座敷1席と、こじんまりとしたお店です。

8分ほど待っていると、蕎麦が到着しました。この粗挽き田舎蕎麦は、麺の太さが太いため、ゆで時間も長めになっているものと思われます。

蕎麦に粗く挽かれたものが入っています。全体的に硬い感じの蕎麦ですが、この固めが好きという人もいるでしょう。先にも述べたように麺の太さは太めです。つるつると行きたい人は、他の蕎麦を注文した方が良いと思われます。

もそもそと食していきます。

薬味はネギと大根おろし。タクワンが別途ついています。

しばらく食べていると、食べ終わりごろにそば湯が渡されます。このそば湯で麺つゆを薄め、最後に飲み干します。薬味をうまく絡めることで、いろいろな味が楽しめます。

また、「蕎麦がき」も一緒に渡されます。揚げてあるのでしょうか。それとも火を当てた程度でしょうか。外側はカリッとしていて、中はふっくら柔らかです。蕎麦の味を堪能出来ます。

蕎麦がきや揚げ蕎麦に関する知識が乏しいため、あっているのかどうかは良くわかりませんが、概ねこのような感じのお店でした。

出来れば、別のメニューも食べてみたいと思わせる、そんなお店です。

蕎麦が好きな人は、訪れてみるとよいでしょう。

このお店、営業時間が昼のみで、営業時間も短めなので、行く時は事前に確認が必要です。

食べ終わったので外に出て、再び金沢城方面を目指します。

adsense

天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢 金沢 一人旅の旅行記

旅は『ゆけむりの宿 美湾荘 和倉温泉 一人旅』からの続きで、和倉温泉駅から出発しています。

  1. 天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢 金沢 一人旅
  2. 和倉温泉駅から金沢駅へ向けて出発
  3. 金沢駅周辺をチェック、喫茶店を探す
  4. 天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢へ荷物を預けに移動
  5. 蕎麦やまぎしで粗挽き田舎そばを食す
  6. 金沢城公園に到着
  7. 金沢城跡を見学
  8. 金沢城 五十間長屋を見学
  9. 金沢城 河北門など
  10. 金沢城 石川門を抜け、兼六園へ
  11. 兼六園 桂坂口から中に
  12. 寒い中、兼六園を引き続きチェック
  13. 兼六園からバスで金沢駅に、そしてホテルへ
  14. 天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢の部屋
  15. 黒百合で金沢おでんを食す
  16. 天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢の設備
  17. 天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢の設備、大浴場
  18. 魚菜屋で金沢での朝食を
  19. 天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢 一人旅の費用にかかった費用
  20. 金沢 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense