川平湾でグラスボード

川平湾に到着し、まずはグラスボードを体験するためにお店を探します。

バスが停泊した辺りから1分歩くだけで、いくつものお店が並んでいます。

見た感じ、一番大きなお店を選択。

というわけで、今回は川平マリンサービスのグラスボードを利用することになりました。

料金は1030円。

後々他のお店を見たら、1000円と、30円お高めです。たぶん、消費税増税の際に普通に値上げしたのだと思われます。

チケットを受け取り、乗船時間も記入してもらいました。

どこに進めばいいのかわからなかったので尋ねたら、まずは浜の方に行き、その後、待機場所があるのでとのことでした。

下り坂を進みます。

舗装されていない場所まで来ます。

一応案内板が出ています。

そして待機場所。

近くにスタッフはいますが、船の方の作業をしていることもあるので、少し待ちましょう。

時間まで待ち、乗船時間になったら、声をかけてくれますので、その際に船の方へ移動。

一般客は数グループのみでしたが、団体客も現れました。

先に団体客が船に乗り、その後、一般客が乗り込みます。

乗り込んだら船が出発。

グラスボードは船の中央部分がガラス状になっていて、そのガラスから海の下を眺める仕組みになっています。

ただただ見ているだけで、要所で船が停まり、説明などをしてくれます。

中央を覗き込むだけでなく、周囲を見渡すのも良いでしょう。

見られる魚の名称などが船内に張られています。

船はどんどん進んでいきます。

そして、一つ目のスポット。色が青色のサンゴ。

次のスポットへ移動。

亀発見。

数ヶ所のスポットに移動しつつ、見学していきます。

写真ではうまく収められていませんが、それなりにいろいろと見て回ることが出来ました。

シャコガイ。大きくて不気味です。

イソギンチャク。

カクレクマノミが小さく見えます。

約30分かけて川平湾を周遊し、浜に戻ってきました。

この後、食事をするために移動。

adsense

川平湾 石垣島 一人旅の旅行記

沖縄3泊4日の最終日。川平湾のグラスボードを堪能し、新石垣空港までの一人旅の旅行記です。

  1. 川平湾 石垣島 一人旅
  2. 石垣島のバスターミナルの位置がわかりにくい
  3. 石垣島バスターミナルから川平湾へ
  4. 川平湾でグラスボード
  5. 公園茶屋 川平湾周辺で昼食
  6. R’s Cafe 川平湾周辺で休憩
  7. 川平湾を散策
  8. 川平湾から新石垣空港へ
  9. 石垣島ミルミル本舗 新石垣空港でジェラートを食し東京へ
  10. 川平湾 石垣島 一人旅の費用
  11. 石垣島 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense