どまん中百選 牛肉どまん中 海鮮どまん中を食しつつ東京から掛川へ

駅弁

東京駅から掛川駅に向けて出発です。

東京駅ではいつものごとく、構内にある「駅弁屋 祭」で駅弁を購入。

直近に台風被害があり、信州の方に被害が大きかったため、そちらの駅弁でも買おうかと思ったものの、どれがそうなのかよくわからず。

結局、別の地域の「どまん中百選 牛肉どまん中 海鮮どまん中」を購入しました。

この駅弁は「牛肉どまん中」で有名なところが作っているもので、ハーフサイズが2種セットになっているお得感とさまざまな駅弁が食べられるタイプでお薦めです。

朝早くから「こだま633」に乗って掛川駅へ。グリーン車代込みで11660円。

さっそく乗り込みます。

そして、席について駅弁をセット。

真ん中に開け口があり、そこから2つの駅弁に分離が可能です。

箸は2本付いているので、複数人で利用する際には分け合って食すこともできます。

そして、さっそく中身とご対面。

牛肉どまん中弁当の方は牛肉の下にご飯があります。そぼろ状のお肉と共に一緒に食します。

海鮮の方はカニ、いくら、鮭の下にご飯が。

どちらも御飯が多いため、両方一気に食べると結構なボリュームになります。

食べ終わった後はのんびり過ごし、1時間40分後に掛川駅に到着。

「こだま」は新幹線の各駅停車と同じで、後続の列車を待つことも多いため、「のぞみ」で名古屋に行くのと同じ時間がかかっています。

タイトルとURLをコピーしました