掛川駅から掛川城への行き方、掛川城周辺

掛川駅に到着し、さっそく掛川城を目指します。

掛川城は北口方面から移動が可能です。

駅からは徒歩で7分とのこと。

ほぼ一直線で移動できますので、方向さえわかれば間違えることはほとんどありません。

駅前の様子。

二宮金次郎(二宮尊徳)の像もあります。歩きながら本を読んでいた、という逸話がありますが、実際に行っていたのかは不明とされています。

そして、道路を越えた後は道をまっすぐに進んでいきます。

マンホールには掛川城の絵が。

そして、掛川城の近くに到着。

天守も顔を覗かせています。

緑橋を渡り。

逆川。

近くには昔の地図が地面に描かれています。

水路は青色で表現。

掛川城は1994年に天守が木造で復元されています。

鯱の展示。青銅製とのこと。

そして、掛川城天守と四足門(よつあしもん)。

四足門は調査で門の跡は見当たらなかったものの、正保城絵図に描かれていたため、建てたとのこと。

四足門から入ると、城の模型が置いてありました。

十露盤堀(そろばんぼり)。水が入っていると十露盤(算盤)のように見えたから名付けられたのでは、と言われています。

公園の様子と歴史なども展示。

掛川城の周辺であれば無料で楽しめますが、天守を含めた一部施設は有料です。

掛川城天守。天気がいまいちなのが残念なところ。天守の白い色と雲の白い色が重複してしまって、天守が映えません。

すぐ脇には花広場。

童話か何かで出てきそうな像が。

花。

一通り周囲を見終え、いよいよ掛川城天守に向かいます。

タイトルとURLをコピーしました