日光東照宮、五重塔

輪王寺から日光東照宮へ向かいます。

輪王寺に立ち寄らない場合でも、バス停の「表参道」から一直線でたどり着きます。大きな通りを歩いて進むため、すぐに把握が可能です。

通りには東照宮と書かれた石碑があり、葵紋が飾られています。

そのまま奥に進むと鳥居があります。

脇にはお土産物売り場のような場所が。

まずは、東照宮にむけて歩きます。

石鳥居を抜けると、左手には五重塔があります。

五重塔は周辺を歩くことが出来ますが中に入ることはできません。

周囲を歩くには、手前のテントが張られている場所で入場料300円を支払います。クリアファイルがおまけでもらえます。

日光東照宮の五重塔は特殊な構造になっていることでも有名です。中央の柱である心柱は地面についていないということでも知られています。

カラフルな装飾も魅力の一つで、さまざまな干支が柱の上に設置されています。

塔の周りを1周するだけですので、見学自体は1分もかかりません。

その後、日光東照宮の表門に向かい、入り口から入ります。

adsense

七重八重 鬼怒川温泉 日光 一人旅の旅行記

初日の鬼怒川温泉への宿泊と、翌日の日光東照宮周辺の世界遺産の観光の一人旅旅行記です。

  1. 七重八重 鬼怒川温泉 日光 一人旅
  2. 浅草駅から鬼怒川温泉駅に「特急スペーシアきぬ」で移動
  3. 日光名物ゆばちらし寿司
  4. 特急スペーシアきぬ、車窓を見ながら鬼怒川温泉駅へ
  5. 鬼怒川温泉駅周辺とRainbowで休憩
  6. 鬼怒川温泉駅から七重八重へ移動
  7. 七重八重の部屋
  8. 七重八重の鬼怒川温泉露天風呂
  9. 七重八重の夕食
  10. 七重八重の朝食
  11. 七重八重から鬼怒川温泉駅へ、鬼怒川ライン下りなど
  12. 鬼怒川温泉駅から東武日光駅へ
  13. 東武日光駅からバスで日光東照宮へ
  14. 日光山輪王寺の逍遥園、宝物殿
  15. 輪王寺、三仏堂は修理中
  16. 輪王寺から日光東照宮へ
  17. 日光東照宮、五重塔
  18. 日光東照宮の神厩舎の三猿
  19. 日光東照宮の陽明門、眠り猫
  20. 日光東照宮奥宮
  21. 日光東照宮御本社、神楽舎で鳴龍
  22. 日光二荒山神社
  23. 日光二荒山神社の世界遺産「日枝神社」「神輿舎」「大国殿 宝形造」
  24. 日光輪王寺大猷院
  25. 日光東照宮 御神宝展
  26. 勝道上人像を眺めつつ、日光東照宮周辺を後に、歩きとバスで東武日光駅に移動
  27. 名物ゆば入り鶏わっぱ
  28. 七重八重 鬼怒川温泉 一人旅の費用
  29. 鬼怒川温泉 宿・地図
  30. 日光 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense