厳島神社、朝一番の参拝

朝になりました。

厳島神社は朝早くから開いているため、朝の厳島神社に行くべく移動開始。

開門時間は6時30分が一般的です。閉まる時間は季節によって異なります。

厳島神社を裏手外から見た様子。

五重塔。

そして、厳島神社入口。入口手前側に昇殿初穂料という名の拝観料を支払う場所がありますので、そこで支払います。300円。

手前側に手水舎。

國寶厳島神社の看板。「國寶」は「こくほう」と読みます。国宝の昔の文字です。

脇から見た高舞台方面。

少し入ったところにあったお祓い用の道具「大麻(おおぬさ)」。

手に取って祓うことができます。

客窓路神社本殿。厳島神社の中にはいくつかの本殿があり、さまざまな神が祀られています。

鏡の池。清水が湧き出ているとのこと。潮が引くと手鏡のように見えることから、この名前になっています。

厳島神社本殿を脇から。

神社の回廊。いろいろな移動ルートがあります。

高舞台。近くには右楽坊、左楽房。高舞台で舞楽を行い、楽坊で楽器を演奏します。

そして、火焼先(ひたきさき)。記念撮影ポイントとしてよく活用されます。まだ朝早くだったので、人がいない時間帯もありましたが、人が多い時間は列を成して順番待ちをしています。

火焼先(ひたきさき)。

火焼先(ひたきさき)から見た大鳥居。水が引いているので、歩いて大鳥居の近くに寄っている人が多々見えます。なお、この厳島神社内からは移動できず、外に出て、階段を使って下に降ります。

火焼先の手前側には門客神社。

能舞台方面。

高舞台。

本殿方面の屋根。

前に見えるのは授与所。お札などを売っています。

脇から見た本殿方面。

屋根の先。

授与所。

おみくじも置いてあります。棒を出すタイプ。

厳島神社本殿。

絵馬なども置いてあります。

能舞台の屋根の上。苔むしているところもまた、魅力の一つ。

大国神社(だいこくじんじゃ)。大国主命を祀っています。

その近くの絵馬奉納所。

天神社(てんじんしゃ)。菅原道真公を祀っています。

反橋(そり)。天皇の勅使が参拝する際に利用したと伝えられる橋。別名「勅使橋」。1557年に毛利元就、隆元の親子によって再建。

能舞台。中に入ることはできません。

能舞台を別角度から。

そして、出口に到着。

これで厳島神社を一通り見終えたことになります。

滞在時間は15分ほど。パネル展示など、文字を読むようなものはないため、基本は見て終了です。そのため、比較的短時間で観光が終了します。

この後、人が混みあう昼間にも再び参拝しています。

adsense

厳島神社 宮島 広島県 一人旅の旅行記

2018年11月中旬の平日に、広島県の厳島神社と宮島へ一人旅に出かけた際の旅行記です。

  1. 厳島神社 宮島 広島県 一人旅
  2. 原爆ドームと広島平和記念公園
  3. 世界遺産航路で宮島へ、原爆ドーム近くの川から宮島への行き方
  4. 割烹ふじたや、宮島の「あなご」専門店で「あなごめし」を食す
  5. 厳島神社、宮島周辺をチェック
  6. 宮島グランドホテル 有もと、部屋
  7. 宮島温泉? 宮島グランドホテル 有もと
  8. 宮島でもみじ饅頭を食す
  9. 夜間の厳島神社 大鳥居観光、参拝遊覧船に乗り込む
  10. 夜間の厳島神社 大鳥居観光、徒歩で大鳥居に接近
  11. 厳島神社、朝一番の参拝
  12. 厳島神社、大鳥居まで接近、2つの扁額の違いなど
  13. 大願寺、厳島弁財天堂
  14. 宮島周辺観光、平清盛像、毛利元就と陶晴賢との決戦地の要害山
  15. 宮島グランドホテル 有もと 朝食
  16. 千畳閣、豊臣秀吉が建立を目指した建物
  17. 宮島ロープウェーへの行き方、紅葉を見ながら
  18. 宮島ロープウェーで榧谷駅経由で獅子岩駅へ
  19. 獅子岩駅周辺の観光地、四国を望む絶景
  20. 獅子岩駅から弥山山頂目指してハイキング
  21. 弥山本堂、霊火堂には1200年以上「消えずの火」も
  22. 弥山展望台、弥山山頂にある四方を見渡せる地
  23. 弥山頂上から獅子岩駅を経由して宮島へロープウェーで下山
  24. 厳島神社周辺観光、清盛神社、宮島歴史民俗資料館
  25. 厳島神社周辺観光、多宝塔、厳島神社 宝物館
  26. 牡蠣屋、宮島で牡蠣を食す
  27. 宮島ろかい舟、海から厳島神社 大鳥居に大接近
  28. 再び厳島神社へ、潮位が上がった状態
  29. 宮島から広島駅への行き方
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense