箱根強羅公園

強羅駅から坂を上って歩いて5分程度で箱根強羅公園に到着。

坂は結構な角度のある坂ですので、ウォーキング用の靴でないと厳しいかと思います。

箱根登山ケーブルカーの公園下駅が最寄り駅ですので、歩くのが厳しい人は強羅駅から箱根登山ケーブルカーを利用するとよいでしょう。

入口で入園料500円を支払います。割引券もありますので、どこかしらで事前に手に入れておくと良いでしょう。

さっそく入場。階段もあるため、歩きやすい靴のほうが良いでしょう。

花は咲いておらず、霜が咲いております。

木々も冬らしい姿を見せています。

名物のショベルカー。

噴水。冬なので寒々しいです。

噴水と周囲の景色。

食事ができる場所もあります。

アイスや飲み物を販売しているエリアも。

噴水の奥に上って噴水側を振り返ります。

大きな木。ヒマラヤ杉です。

さらに上に登っていきます。

バラのエリア。箱根強羅公園ローズガーデンです。

ローズガーデンの上から振り返ってヒマラヤ杉側をチェック。遠くの山並みも魅力です。

そして上の方には西門があります。こちら側からも入ってくることが可能です。近くにある箱根美術館から訪れる場合は、この西門を利用したほうが便利です。また、最寄り駅は箱根登山ケーブルカーの公園上駅です。

石碑。

飲食店Cafe Picのメニュー。軽食も可能です。

茶室「白雲洞茶苑」への入り口。入口は2ヶ所あります。

茶室で抹茶と和菓子をいただくこともできるようです。

茶室の待合所。入ることはできません。

茶室方面。

日本庭園風の庭が魅力的です。

白雲洞茶苑の不染庵。

別の庵では茶席内部に入ってお茶をいただくことができます。500円。鳴り物で音を出して、スタッフを呼びます。

裏手に回ります。

鳥のさえずりも聞こえます。

そして白雲洞茶苑から出て、さらに箱根強羅公園を歩きます。

音質があり、そこにも花などが飾られています。

熱帯ハーブ館。ハーブが複数種類植えられています。

ブーゲンビレア館。

外は花がほとんどなかったのですが、ここでは花が咲いていて何より。

熱帯植物館。

熱帯地方の植物を見ることができます。外が寒かったので、暖を取ることもできて何より。

面白い形の花もあります。オオベニゴウカンと呼ぶそうです。

一通り見終えたので箱根強羅公園を後にします。

冬という時期を考えると仕方のないことなのかもしれませんが、あまり見どころがなかったというのが正直な感想。花が咲く時期、バラが咲く時期、紅葉で綺麗な時期などであれば訪れる価値も大きいかと思います。

展示だけではなく、体験コーナーのようなものもあるということですので、そうしたものを利用される人は、冬場でも楽しめるかと思います。

ただ、その肝心の体験コーナーというものがどこにあったのかが分からず仕舞いでしたが。

滞在時間は50分ほどでした。

adsense

強羅温泉 一人旅の旅行記

強羅温泉に訪れた時の旅行記です。宿泊施設のほか、近くの美術館や公園などに立ち寄っています。

  1. 強羅温泉 一人旅
  2. 特急ロマンスカーで新宿駅から箱根湯本駅へ
  3. さがみ庵弁当
  4. 箱根湯本駅から強羅駅へ
  5. 強羅駅周辺
  6. 箱根強羅公園
  7. 箱根強羅公園から強羅駅に戻る
  8. 強羅 天翠の部屋
  9. 強羅 天翠の大浴場、貸切風呂、岩盤浴
  10. 強羅 天翠の夕食
  11. 強羅 天翠の朝食
  12. 箱根美術館
  13. 箱根マイセン アンティーク美術館
  14. 強羅駅から小田原駅、そして東京駅へ
  15. 箱根温泉 強羅温泉 一人旅の費用
  16. 箱根 強羅 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense