平和記念公園へ、8時15分を迎える

朝になり、部屋からホテルの外を眺めます。

朝焼けに照らされた広島平和記念資料館と原爆ドームを見ることが出来ます。

今日は朝早くから広島平和記念資料館や原爆ドームを訪れることを予定していたため、チェックアウト時間をかなり早めに、7時30分にはフロントに向かいました。

支払い等を済ませ、また、荷物を預かってもらい、移動開始です。

川を挟んで向こう側に広島平和記念資料館があります。

橋の上から川を眺めます。山並みを撮影したのですが、この方面には原爆ドームもあり、写真にも収められています。中央のビルの手前側にある屋根が球形状になっているのが原爆ドームです。

まずは広島平和記念資料館がある方向へ。

花なども植えられ、奇麗です。

奥に見える建物が広島平和記念資料館です。

噴水もあります。長崎と同じく、水で苦しんだことから、水を絶やさぬようにという思いがあるのでしょう。

「嵐の中の母子像」。子を抱えている女性です。

道路を挟んだ先に慰霊碑が。左右に千羽鶴が飾られています。

そして、平和記念公園の方へ。

中央にあるのは原爆死没者慰霊碑です。別名、広島平和都市記念碑。奥には原爆ドームが見えます。

間近で撮影。原爆ドームが碑の中に収まる感じに。

水の中に説明のプレートがあります。多国語で書いてあります。

この水は平和の池。水の重要性を改めて再認識。

もこもことした樹が立ち並びます。抱きつきたくなる衝動に駆られつつ。

この樹の近くに平和の灯があります。手前には水が張ってあります。

裏手側から接近することが可能です。

近くに行くと火が灯っていることがわかります。

原爆の子の像。上に折鶴を掲げている少女が。像の下には金色の折鶴も。

また、脇にも男女の像があります。

近くにはハトも。

原爆の子の像の近くには折鶴を飾るスペースが設けられています。全国各地から送られてきた千羽鶴がケースの中に入っています。

さらに奥に進んで一度川沿いに行きました。

すると、原爆ドームを見ることができます。

他のビルが立ち並ぶ中にぽつんと当時の面影を残しています。

原爆ドームの方に行く前に、もう少し平和公園内を散策。

平和の鐘です。

鳴らせるのかと思い、近づいて鳴らそうとしたら動かせず。良く見たら、鎖で固定されていました。まだ時間帯が早いからかもしれませんが。この時8時9分。こんなにも朝早くに鐘の音を鳴らされても、周囲が迷惑かもしれません。

近くにあった時計。この辺りに観光ツアーと思われる団体客が。

そして相生橋(あいおいばし)を渡り、原爆ドーム方面へ。相生橋はT字の橋という特徴があります。

原爆ドーム付近にある像。

近くには相生橋と書かれた石碑が。と、ここで鐘の音が聞こえてきました。時間は8時15分。最初はなんでこんな時間に音が鳴るのかと思っていましたが、ちょうどこの時間に原爆が落とされた時間。その時間に鐘の音が鳴るようにしていたようです。

当時は快晴だったと言われています。戦時中だとはいえ、何もない日常が一瞬にして地獄の様相を呈したことを考えると、胸が詰まります。

先ほど見た時計台の針も8時15分に。

川から離れ、すぐそばの原爆ドームに向かいます。

adsense

ホテルサンルート広島 広島 一人旅の旅行記

前日宿泊先の指宿駅からの旅行記です。広島では主に食と原爆関連の見学が中心。

  1. ホテルサンルート広島 広島 一人旅
  2. 指宿駅から鹿児島中央駅に向けて移動
  3. ラーメンざぼん、鹿児島ラーメンを食す
  4. 鹿児島中央駅から広島駅まで新幹線で移動、人が多め
  5. 広島駅からホテルサンルート広島へ移動
  6. ホテルサンルート広島の部屋
  7. ホテルサンルート広島の設備
  8. 八昌で広島お好み焼きを食す
  9. 平和記念公園へ、8時15分を迎える
  10. 原爆ドーム、そして爆心地へ
  11. 広島平和記念資料館へ
  12. 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館へ
  13. みっちゃんで広島お好み焼きを食す
  14. 広島駅から東京へ、2週間の旅の終わり
  15. ホテルサンルート広島 広島 一人旅の費用
  16. 広島 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense