札幌JRタワー展望室で札幌を見下ろす

エスタの10階にあった「札幌らーめん共和国」で札幌ラーメンを食した後は、近場にある札幌JRタワー展望室に行くことにしました。

南側から見た札幌駅。

ラーメンを食べたエスタ(ESTA)。大型家電量販店も入っているため、必要なものを買うこともできます。

エスタの近くにあるJRタワーに移動します。ここもショッピング街になっています。

6階から展望室に行けるとのことなので移動。

大人700円。

自動券売機があるので、チケットを購入。

そして奥にいるスタッフにチケットを渡し、エレベーターで38階の展望室に向かいます。

展望室にはさまざまなパネル展示もあります。このパネル展示で、札幌や北海道のことを知ることができます。

展望室はガラスで覆われており、外に出ることはできません。

展望室から見た地上。北海道大学方面です。

札幌駅北口の道路、一直線に道路が続いているのが分かります。京都などと同様に整った街並みです。

どこに何があるかの地図も用意されています。どういった部分が見えるのか、色分けされてもいるので、分かりやすい地図です。

北海道庁舎がある方向。

望遠鏡もあります。目で覗きこむタイプではなく、テレビモニターに表示されるタイプです。

窓辺にはテーブルとイスが。

女性が本を読みながら窓際でくつろいでいます。

さっぽろテレビ塔。

記念スタンプ。

お土産物売り場。売り場も雑然としておらず、奇麗です。

カフェもあり、飲み物が売られています。

ピアノ。イベントで演奏などをするようです。

トイレは外を見下ろしながら利用できます。車椅子用と男性用は窓際に、女性用と子供用は室内側にあります。女性でも車椅子用トイレを使えば、札幌を見下ろしながら用を済ませることが出来ます。

この手の場所ではお馴染みの記念メダル販売機。

40分ほど滞在し、札幌JRタワー展望室を後にします。

この場所、観光で訪れるのももちろんお薦めですが、それ以上に魅力的に感じたのは日常使いでもよさそうかな、という点。

年間パスの販売もしているため、それさえ購入すれば光の当たる場所でのんびりと本を読んで時間を過ごすということも出来そうです。

実際に、一人で本を読んでいるたぶん地元の方と思われる女性も多々いました。うらやましい限りです。

旅行で訪れる時も、ここで1時間くらいゆっくりとくつろいでもよいでしょう。飲み物も売られていますので。

adsense

ホテルグレイスリー札幌 札幌 一人旅の旅行記

札幌の一人旅です。前日は『寝台特急カシオペア』で北海道まで移動しています。

  1. ホテルグレイスリー札幌 札幌 一人旅
  2. 札幌駅へ到着、周囲をチェック
  3. 北海道大学を一人旅
  4. 札幌ラーメンを食べに札幌らーめん共和国へ
  5. 札幌JRタワー展望室で札幌を見下ろす
  6. ホテルグレイスリー札幌にチェックイン
  7. 旧北海道庁本庁舎、赤れんが庁舎を一人旅
  8. さっぽろテレビ塔、札幌市時計台へ
  9. 松尾ジンギスカンを「まつじん」で一人夕食
  10. ホテルグレイスリー札幌の部屋
  11. ホテルグレイスリー札幌の朝食
  12. ホテルグレイスリー札幌 札幌 一人旅の費用
  13. 札幌 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense